気に入ったモノ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

写真の2つの指輪は、僕の私物です。

指輪は、つける指によって、
その役割が変わるコトは、多くの人の知るところです。

右手の場合…、

 小指…自分の魅力をアピールする
 薬指…自分らしさ、リラックス
 中指…直感力、行動
 人差指…リーダーシップ
 親指…安心感

そして、左手では…、

 小指…願望実現、パートナーを引き寄せる
 薬指…愛と幸せ
 中指…人間関係、人の気持ちや場を知る
 人差指…方向性、積極性
 親指…意志、目標実現

諸説あるにせよ、こんなところでしょう。
もちろん、この指に指輪があるから!という念が、

無意識と連動して、色々な事象を起こすワケで、
指と指輪に、直接の因果関係は無いはずです。

そんな、常識的な話しは、これくらいにして、

写真の右手前の指輪は、今年の春に買ったモノで、
元々10金メッキのシルバーリングでしたが、

地元の指輪屋さんでリサイズしたら、
メッキが剥がれてしまい、

ただのシルバーリングになりました(笑)

この指輪は、左手の小指につけていて、
願望実現の願をかけています。

もちろん、この指に込められた、もう一つの意味としての、
パートナーも引き寄せたいところですが、

この小指の指輪には、僕の最後の転生を十二分に生きつつ、
ミロク世への橋渡しを成功させるための願を込めました。

そして問題は、写真左奥の、石のついたシルバーリングです。

こちらは、2011年の秋、
僕の誕生日に買ったモノです。

僕が、ホームページやこのブログ、
そして、TwitterやFacebookなどのアカウントで使っている、
モノクロのプロフィール写真(↓)がありますよね。

当時、プライベートで疲弊しており、
全く笑うコトができずにいた僕が、

その頃使っていたiPhone4で自撮りした写真です。

この笑顔は、絶対にこの壁を乗り越えてみせる!という、
覚悟を込めて撮影したモノです。

その日の顔色が悪かったので、モノクロで使ってます(笑)

この指輪を見つけたのは、
地元のプラザハウスというショッピングセンターでした。

海外の雑貨を置いている店で、
気に入っていたので、良く覗いていた店でしたが、

指輪も置いていましたが、絶対数は少なく、
ですが、その中で、この指輪だけが光って見えました。

写真では判り難いですが、青い石がついています。

まさに、「気に入った」のです。

ワンサイズしか、ありませんでしたが、
当時の僕の右手の薬指に、ピッタリと収まりました。

あまりにも、ピッタリと収まって、抜けなくなり、
右手の薬指につけたまま、レジで購入しました。

当時は、指輪と指の意味とか、興味は無く、
随分と後になってから、
右手の薬指がリラックスと関係するコトを知り、

切羽詰まっていたあの頃の僕が、
この指輪と共鳴した理由が判りました。

あれから4年が経過し、
徹底した減食に取り組んで12キロ痩せ、
この指輪をしていた、右手の薬指も細くなったため、

合わなくなったこの指輪は、
暫くの間、書棚にしまっておいたのです。

そして、今年の誕生日、土星期に入った自分と向き合う中、
この指輪が、左手の中指に入るコトに気付きました。

購入した当時は、とても入らなかったのですが、
この4年で、これだけ僕が変わったという証でもありました。

そして、左手中指の指輪の意味する内容に、
僕自身が驚くコトになります。

前述の通り、左手の中指とは、
人間関係であり、
人の気持ちや場を知るコトを意味しているのです。

苦手だった人間関係を、
克服しようと意識し始めた今回の誕生日に、

まさに必要な指に、
気に入った(=共鳴した)指輪が、
返り咲いたのです。

面白いモノですよね。

気に入ると言うコトは、
こうして、自身の成長とも関わりながら、

時空の流れの中でも、
共に在ろうとするモノのようです。