トイレの神様

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この4月から、自宅と店舗のトイレ掃除をしています。

これまでは、次女が担当してくれていたのですが、
家主がやった方が、トイレの神様も喜んで下さるかなと、
そんな単純な思い付きがキッカケでした。

新しいトイレ掃除用のブラシも購入し、
楽しみながら始めたのですが、

毎日掃除するモノですから、
便器も、床も、壁も、本当にピカピカになり、

そして、何時からだったか、覚えていないのですが、
今ではブラシは使わず、素手で洗っています。

指先の感触で、しっかり拭き掃除をしたくて、
勝手に身体が動く感じです。

もちろん、掃除の後は、しっかり手を洗ってますよ(笑)

実は、これも何時からだったか、覚えていないのですが、

掃除をしながら、
トイレの神様とお話しをするようになりました。

もちろん、こちらから声をお掛けするだけです(笑)

それで、これまた何時からだったか、覚えていないのですが、
こっそりとお願いゴトをしていました。

三つありました。

 通いの猫のコゲちゃんが、無事に出産して、
 元気に帰って来ますように…。

 糸満の家庭に引き取られた、左目の不自由な子猫が、
 元気になりますように…。

 低体重症に悩む女の子が、
 点滴なしで栄養摂取できるようになりますように…。

先々週の月曜日、オステオパシィの施術中に、
店頭で店番をしていた次女の声が、僕の耳に入りました。

 コゲちゃんが、帰って来てる!

施術が終わって、外に出ると、
あのコゲちゃんが、出産を終えて、
帰って来ているではないですか。

しかも、毛並が良くなって、
毛の色も、コゲチャ色ではなく、黒猫になってました。

嬉しくて、嬉しくて、
ご飯をあげながら、
暫くの間、彼女の背中を撫でていました。

トイレの神様が、願いを叶えた下さったんです。

そしてさらに、同じ週の土曜日に、
糸満の子猫ちゃんの手術が上手く行った連絡も頂き、

さらに同じ日には、低体重症の女の子のお母さんから、
彼女の腕から点滴が外せた報告も頂戴しました。

トイレの神様、本当にいらっしゃるんですね。
この投稿を書きながら、涙ぐんでます。
(T_T)

ぜひ、貴方も、トイレの掃除をされて下さい。