真っ白な冷製パスタ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

秋も深まりつつあるとは言え、
まだまだ、冷製パスタの美味しい沖縄です。

今年作った冷製パスタの中で、
最も美味しかったレシピが、

本日ご紹介する、この真っ白!なパスタです。
写真がこちら。

真っ白なパスタ!

文字通り、真っ白ですよね(笑)

パスタ自体、グルテンフリーの立場から、
ライスパスタを使っていますので、

それだけでも、充分に真っ白なのですが、

それ以上に、この純白のパスタソースが、
見た目も、そして味も、素晴らしいんです。

効率的な調理順も考慮しながら、
作り方をご紹介します。

わが家で使っているライスパスタは、こちらです。

地元スーパーの、アレルギー対策食品売場で見つけました。

通販で、1キロ入りの大型パッケージも販売されていますが、
特にお買い得な価格設定には、なっていませんので、
僕はこちらの商品を愛用しています。

ところで、250グラム入りと、内容量が中途半端ですが、
ライスパスタの場合、乾麺の状態で80グラム前後が一人前ですので、
一袋で3人前の計算になります。

小麦仕様のパスタのつもりで茹でると、
超大盛りになってしまうので注意しましょう。

たっぷりのお湯で8分間茹でますが、
最後に麺を引き締めるための冷水を、
予め用意しておいて下さい。

麺を茹でている間に、トッピングする野菜を用意します。
お手持ちの野菜を、細長く切り揃えて下さい。

今回は、お客様から頂戴した胡瓜とピーマンを使いました。

次は、お題となる真っ白なパスタソースを用意しましょう。

この純白ソースの正体は、
実は、豆乳ヨーグルトと塩麹です。

この2つの発酵食品の出会いが、
完璧な調和を演出してくれます。

塩と異なり、塩麹は味がまろやかですので、
この真っ白なソースを作るための分量を、
正確に書き表すコトが出来ませんが、

豆乳に対する塩麹の重さの比重が、
7対1から8対1を目安に調整して下さい。

そして、ソース全量の三分の一を、
切った野菜に絡めておきます。

トッピングする野菜を、
麺とは別にソースに絡めるコトで、
全体の味がボケずに済むからです。

真っ白なパスタソースの準備が出来た頃、
ライスパスタが茹で上がりますので、

ザルに上げたら、流水でヌメリを取り、
その後、冷水で麺を締めたら、軽く水を切ります。

器に麺を盛り付けたら、
その上に真っ白なパスタソースをたっぷりと掛け、

最後に、ソースの絡んだ野菜をトッピングします。

黒胡椒を効かせて食べると、
真っ白なキャンバスに胡椒の色も映え、

見た目も、そしてもちろん味も、格別です。

さて、明日のブログですが、
このソースでも大活躍した、豆乳ヨーグルトのお話しです。

僕は、豆乳ヨーグルト作りにおいて、
大切な発見をしてしまったようです。

明日、その全容をお伝えしますね。