米粉パンへの道…その4

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

一か月ぶりの、米粉パンネタですが、
今日はパンではなく、発酵装置を作りました。

先週の火曜日、親父バンド仲間から発砲スチロールの箱をもらい、
発酵装置を作ろうと、持って帰ったのですが、

穴加工で致命的な失敗をして、オシャカにしてしまいました。

気を取り直し、新品のスチロール箱を、
ホームセンターで購入しての再挑戦です。

この大きさで、880円でした。

買って来た直後、ケース内側の臭さに驚きましたが、
一晩、フタを開けておいたら、
異臭は綺麗に取れました。

今回は、普通のカッターを使って、
時間も掛け、丁寧に穴開けをしました。

穴のサイズは、40ミリです。
取り付ける温湿度計は、こちらです。

計器の外径は、それぞれ45ミリですが、
2ミリ程度のフランジ部がありますので、

40ミリの穴を開けてやれば、
少しキツメに計器を押し込むコトで、

素材は発泡スチロールですので、
ピッタリとフィットしてくれます。

こんな風に取り付きました。
スチロールケースのフタの部分を、裏から見ると…、

温湿度計の背面に、小さな穴が3つあって、
そこで、温度や湿度を監視するようになっています。

30~40度で、一時間程度発酵させますので、
まずは生地を入れずに、温度特性を計測してみようと思います。

これで、ふっくら美味しい米粉パンが、
焼けるとイイんですが…。

Scroll to top