オーブン温度計

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

グルテンフリー生活になり、
米粉を使ったレシピに挑戦し出してから、

スコーンやワッフルなどの、
比較的小振りなレシピでの、
オーブンによる焼きムラは無かったのですが、

米粉(実際には上新粉)100%で作るパンは、
挑戦はしたモノの、強烈な焼きムラで、
大失敗に終わっていました。

敗因を色々と考えたのですが、
思い当たるのは、温度の問題だけでした。

大切に使って来たとは言え、
オーブン自体が15年以上前の製品なので、
その温度管理が気になったのです。

そこで、オーブン温度計を購入しました。

候補は幾つかあったのですが、
この製品が、一番シンプルな印象だったので、
注文してみました。

以前、ハズレの体組成計を買って、
後悔したメーカーではありますが、

あの、タニタ製です(笑)

アマゾンのカスタマーレビューの中には、
実際の温度と40度も違っていた…のような、
衝撃的なレポートもあったので、

わが家のコンベクションオーブンも、
かなり違うのかもしれないぞ…と、

そんな思いを抱きながら、実験を開始…。

まず、良く使う180度に設定してみると、
バイメタルが切れる(余熱が終わる)タイミングで、
温度計は170度でした。

10度の差です。

次に190度に設定してみると、
こんどは、しっかり190度を示すのです。

何度が、上げたり下げたりしてみた結果、
15年以上前とは言え、デロンギ製の電気オーブンは、
なかなか温度精度が良いという結論に達しました。

200度近辺では、精度が高く、
低くなると、温度差が開くようです。

僕の作りたい、シンプルなプレーンブレッドは、
レシピでの推奨温度が160度と、
温度差の大きな設定域でしたので、

このオーブン温度計を使って、
リベンジを「測りたい」、

いえいえ、「図りたい」と思います。

通い猫たちの庵

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

数年前からわが家に通う、野良猫のゴマちゃんが、
2週間前に、家族を連れて来ました。


※左からゴマちゃん、ビックリ、コポ、ビックラ、コゲちゃん

奥さんのコゲちゃんは、どうやら妊娠しており、
彼女の他にも、性別不明の赤ちゃん猫が3匹います。

コゲちゃんは、赤ちゃん猫たちに、
時々、授乳もしているので、
妊娠しているとは考え難いのですが、

彼女のお腹は、日毎に大きくなっている、
そんな気がしてなりません。

コゲちゃんは、声は渋いのですが、
とても人懐っこく、
僕の顔を見るとスリ寄って来ます。

彼女だけは、直接オステオパシィができるので、
治療もしつつ、このまま見守るつもりです。

…というワケで、コゲちゃんが休める場所を、
家にあったブロック等で作ってみました。

内側を覗くと、こんな感じです。

なかなか、和のテイストでしょ。
にわか雨程度なら、凌げます。

中で寛いでいる姿は、まだ見ていませんが、

子猫たちは、この屋根の上がお気に入りで、
遊んだり、昼寝したりしています。

動物は、飢えを感じると、
子孫を残そうとします。

ですから、食事に困らなければ、
野良たちも無駄な出産はしません。

野良の犬や猫の避妊や去勢を、
ボランティアでされている方もいらっしゃり、

本当に頭の下がる思いですが、

僕は、なるべく避妊や去勢の要らない状態で、
自然な循環の中で、生死と向き合うつもりです。

僕の家の土地は、
人間が住むだけにしては広いので、

こうした動物たちが、安心して過ごせ、
無駄な出産をせずに天寿を全うできる、

そんな場所に、したいです。

炊飯器で作る純菜食玄米ジューシィ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ジューシィとは、沖縄の言葉で、
炊き込みご飯のコトです。

語源の由来は、「雑炊」から来ており、
完全な雑炊バージョンを、ボロボロジューシィと呼び、

炊き込みご飯調のモノを、
単にジューシィと呼ぶようです。

そして昨日は、旧盆の初日「ウンケー」でしたので、
沖縄の人間らしく、ウンケージューシィを作ってみました。

一般的な沖縄のジューシィは、豚肉や蒲鉾で出汁を効かせ、
白米を使って炊き上げますが、

純菜食のわが家では、
当然のコトながら動物性食材は一切使わず、

しかも、玄米を使い、
なおかつ、炊飯器で簡単に作ります。

最近の炊飯器なら、
炊き込み炊飯モードや、玄米炊飯モードが付いていますが、

玄米を使った炊き込み炊飯は、
出来ない仕様になっている場合が殆どです。

そこで、色々と工夫が必要になりますが、
難しく考える必要は全くありません。

まず、玄米4合に対して、大さじ1の小豆を用意し、
小豆の分を差し引いて玄米を計量します。

大きなザルに入れて、
流水で米と小豆を一緒に洗ったら、

炊飯器の内釜に移して水を張り、
25~30時間、浸水させます。

この間2~3回、水を替えます。
これを怠ると、米が臭くなってしまいます。

そして、いよいよ、炊く段になったら、
分量の水を張った後、

そこから米1合に対して、大さじ1の水を取り出し、
代りに大さじ1の醤油を入れます。

また、米1合に対して、
0.5gの自然塩を入れ、炊飯開始です。

炊飯と並行して、ジューシィの具を用意しましょう。

熱湯で油抜きし、小さく切った油揚げを、
マイタケと一緒に、別の鍋で甘めの醤油味で味付けし、
粗熱を取っておきます。

この日は人参が無かったので入れませんでしたが、
人参が入ると彩も良くなり、甘みも増します。

人参がある場合は、油揚げやマイタケと一緒に、
味付けをしておきましょう。

玄米が炊き上がったら、炊飯器の電源をオフにし、

炊き上がった玄米の上に、
軽く水気を切ったジューシィの具材を置いて、

炊飯器のフタをし、そのまま10分蒸らします。

蒸らしを終えたら、杓文字で丁寧に天地を返し、
好みの器に盛り付けたら、
小ネギの微塵切りをトッピングして出来上がりです。

動物性の出汁は入っていませんが、
油揚げの程良い油脂と、マイタケの出汁が効いて、
簡単なのに、嘘のように美味しく仕上がります。

ぜひ、お試し下さい。

手間無し!ニンニクの糠漬け

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

糠漬けというと、
毎日、糠床をかき回すイメージがありますので、

手入れが大変そう…だからと、
毛嫌いされる人も少なくありません。

そんな方に朗報です(笑)

この写真、ニンニクの糠漬けを、
かき回しているところです。

前回、かき回したのは、
なんと、一か月前のコトです。

一か月ですよ、一か月!

そうなんです。

ニンニクという食材は、摩訶不思議な力があって、
糠床をかき回さなくても、糠漬けに悪影響が出ません。

理由は、知りません(笑)
単なる、事実です。

ついつい忘れて、

2ヵ月くらい、放置したコトもありましたが、
何ともありませんでした。

この糠床も、わが家の他の糠床と同様に、
冷蔵庫で管理していますので、

かき回すためのインターバルは、
それだけでも長くて済むのですが、

普通の糠床は、冷蔵庫で管理していても、
3日も放置すると、表面が白くなり始めます。

いわゆる、好気性の菌が、優位になり出した状態です。

ところが、ニンニクの糠床は、
一か月放置していても、表面の色は変わりません。

これは憶測ですが、

ニンニク自身の臭気と、
好気性の菌との相性が、良くないのでしょうね。

さて、

写真では、ニンニクと糠がボウルに入っていますが、
専用のタッパーウェアを用意して、
普段は、そこに漬込んでいます。

そして、かき回す時のみ、つまり一か月に一度、
こうしてボウルに移し、
杓文字(しゃもじ)で丁寧にかき回してやります。

ちなみに、漬かっているのは、
沖縄では有名な島ニンニクです。

内地の皆さんがご存じのニンニクの、
超ミニサイズ版と思って頂ければ結構です。

味は滅法良いのですが、なにせ小粒なため、
薄皮を剥くのが大変で、

僕の場合、老眼も手伝って、
あまり積極的には漬け込みませんが、

漬物自体の味は、太鼓判モノです。

この中には、2年以上漬かっているニンニクもあって、
そこまで漬かると、もう辛味は全く無く、

糠漬け特有の酸味と、
ニンニクの風味が、同時に楽しめます。

気を付けなければならない点は、

専用のタッパウェアを用意し、
匂い移りを最小限に留めること、

他の野菜を、一緒に漬込まないこと、
つまり、ニンニク専用の糠床を用意すること、

また、糠床の塩加減は、少々強めにすることです。

僕は、糠床に天然塩だけでなく、
醤油も使っていますので、
普通の糠床より、色合いが濃いでしょ。

また、冷蔵庫に入れますので、
他の食品に匂いが移らないように、

ご覧のように、ビニル袋に入れて、
口を輪ゴムで、しっかり封印してやります。

こうしないと、冷蔵庫中が、
ニンニクの香りになってしまいます(笑)

手間要らずで、美味しい漬物が味わえますので、
面倒臭がりの人にも、お勧めです。

真菜板

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

タイトルをみて、あれ?っと感じられたなら、
あなたは漢字を良く知ってらっしゃいます(笑)

まな板を漢字表記した場合、
「俎板」とか「真魚板」とするのが一般的ですが、

純菜食者の僕は、
あえて「真菜板」と書きます。

(肉)も真魚(魚)も食べませんので、
「真菜」という当て字は、
なかなかイケるぞ!と喜んでいたら、

実際、「真菜板」と書いていたと言う、
過去の記述もあって驚きました。

おかず全般を「総菜(そうざい)」と呼ぶが如く、
この「菜」という文字には、
野菜だけではない、副食全てを示す意味もありますので、

ある意味、この「真菜板」という文字の並びが、
最もシックリ来る言葉なのかもしれません。

僕が、料理を始めた半世紀前、
実家にあった真菜板は木製でした。

包丁の音を聴くなら、
木製の真菜板に勝るモノは無いでしょう。

あの、トントン…という音は、
本当に癒されるサウンドです。

ですが、そのメンテナンスは容易ではなく、
母親は、真菜板汚れと毎日格闘していました。

頻繁に手入れをしても、傷とカビで真っ黒になるため、
毎年末には、買い替えていた記憶があります。

特に木製の場合、水分を吸収する材質ですので、
梅雨になると、カビの勢いは最高潮でした。

その後、プラスチック製が登場し、
カビない真菜板として、各家庭で重宝され始め、

新しいモノ好きな母親は、飛付いて使い出しました。

また、プラスチック製の場合、かなり大きな真菜板でも、
木製のような高価な出費にはなりません。

そんな経済的な側面も、プラスチック製は評価が高く、
母親は、用途別に使い分けていました。

また、水分を吸収しないプラスチック製ですから、
木製の真菜板のような、
毎日の大変さはありませんでしたが、

包丁で付く傷の中に、やがてカビは発生し、
それでも、漂白しながら使えば、結構長く利用できました。

ですが、使い込む程に表面の傷が酷くなり、
2~3年で買い替えるコトが多かったようです。

そして僕が、最近使っているのは、
こちらの合成ゴム製の真菜板です。

このシリーズは、4サイズあるのですが、
僕の純菜食キッチンでは、最小のMサイズを愛用中です。

実際、菜食者のレシピに、
そこまで巨大な食材は登場しませんし、

何よりこのサイズは、漂白がしやすいのです。

かつて、エコロジィについて全く無知だった頃は、
塩素系漂白剤を屋外で使っていました。

屋内で漂白しようモノなら、家中の猫たちが、
その匂いに反応して、異常な行動を取るからです。

環境に優しい、こちらの酸素系に変えてから、
キッチン洗いバスケットの受け皿を使って漂白するのですが、

その、ステンレス製の受け皿に、
スッポリ入る真菜板がこのサイズでした。

受け皿に、酸素系漂白剤を入れ、
40~50度のお湯で満たし、この中に真菜板を置き、
その上をテーブル布巾で覆います。

こんな感じです。

こうすれば、カビやすい受け皿も、
そして、テーブル布巾も除菌できるでしょ。

酸素系漂白剤の臭いは、家猫たちを誘うコトはありませんが、
舐めたりすると危険ですので、
こうしてフタをした状態で、30分間程放置します。

後は、流水で洗い流せば、漂白は完了します。
水分を拭き取って乾燥させれば、全行程の終了です。

合成ゴム製の真菜板は、包丁傷が殆ど付かず、
包丁の刃先にも優しいので、

今のところ、これ以上の選択肢は、僕にはありません。

値段は少々高いですが、
買い替えの必要はありませんので、
最終的には経済的なチョイスだと確信しています。

上新粉でワッフル

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

少し前になりますが、
3日間連続で、上新粉とドライオカラで作る、
スコーンレシピを投稿させて頂きました。

今回は、そのレシピを応用して、
ワッフルを焼いてみました。

材料は、ワッフル6枚分です。

今回はオーブンを使いませんので、
一層手軽に焼くコトができます。

まず、ボウルに、生地の粉の材料のみを入れて、
ヘラで良く混ぜ合わせます。

・上新粉…150g
・ドライオカラ…50g
・ベーキングパウダー…6g
・甜菜糖…15g
・天然塩…一つまみ

スコーンを作る場合は、甜菜糖は使わず、
天然塩を小さじ1/2入れました。

今回はスイーツですので、甜菜糖を使います。

天然塩も使っていますが、
これは、甘さを引き立たせるためですので、
ほんの少しで構いません。

混ぜ終えたら、この粉材料をビニル袋に移し、
同じボウルに、生地の液体材料を入れます。

・無調整豆乳…330cc
・菜種サラダ油…50g

スコーンの時は、無調整豆乳は250ccでした。

ワッフルは、スコーンと異なり、
生地を丸める必要がありましたので、
少し緩めの生地にします。

これを、ボウルを軽く傾けて、
菜箸などを使って泡立てて乳化させましょう。

オリーブ油でも良いのですが、
比重が重いため乳化させるのが大変ですので、
ここでは、菜種サラダ油をお勧めします。

乳化した液体に、ビニル袋の粉材料を戻し、
ヘラで良く混ぜます。

スコーンのレシピでは、液体材料が少な目でしたので、
粉材料は半分ずつ戻して、その都度、良くコネました。

今回のワッフルでは、
全量の粉材料をイッキに戻しても構いません。

仕上がった生地の緩さが、足りなければ、
豆乳を足して調整して下さい。

ワッフル型を用意して、弱めの中火で軽く暖めたら、
型を開いて生地を流し込みます。

全体の生地を6等分した分量を、
ご覧のように、ワッフル型の上にアバウトに盛り、
フタをして焼きます。

片面5分焼き、反対側を3分焼けば完成です。

ホットケーキのように、
途中で型を冷ます必要はありませんので、
どんどん焼いて下さい。

完成しました。

この日は、豆乳ホイップクリームも作ったので、
ワッフルに盛り付けてみました。

ちなみに、豆乳ホイップクリームは、熱に弱いため、
焼き立てのワッフルにのせると溶けてしまいます。

粗熱を冷ましてから、のせましょう。
フルーツも一緒だと、楽しいでしょうね。

何もトッピングしない状態でも、
美味しいワッフルですので、
焼き立てを、そのまま楽しむコトもできます。

また、僕は純菜食者なので、
蜂蜜を使うコトはありませんが、

蜂蜜好きな方は、ホイップクリームの代りに、
トッピングしても美味しいはずです。

くれぐれも、蜂たちへの感謝を、忘れずに…。

子供に教わる

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

子供からは、多くのコトを教わるものです。

ひかりあめの隣は保育園、真向いは幼稚園、
はす向かいは子育て支援センター、
その奥は小学校…と、

ひかりあめの周囲は、
小さな子供たちで溢れています。

野良の猫、犬、鶏などが多いのも、
子供たちの純粋な波動に、

ついつい惹かれて、
集まっているのかもしれません。

特に僕たち大人、
時として、物凄く基本的なコトを見失うもので、

他者との比較から産み出された情報や、
その結果としての周囲の目を気にする言動など、

そうこうしているうちに、
例えば、「愛し方」のような超基本的なコトを、
どこかに忘れたりするモノです。

ここに、4歳から8歳までの、6人の子供たちが答えた、
「愛とは何か」という言葉があります。

子供たちからの、これら答えが新鮮に聞こえるなら、
あなたの愛のバランスは、取り戻せるはずです。

 誰かがわたしを愛しているとき、
 わたしの名前の呼び方が、まるで違うの。
 呼ばれたとき、
 とても安心して、心が温かくなるわ。

 愛ってね、レストランでご飯を食べてていて、
 僕のポテトフライを、
 ほとんど友だちにあげてしまったけれど、
 僕は別に何も、お返しをもらおうなんて思わないときだよ。

 パパがママに、コーヒーを入れてあげるとき、
 ママに渡す前に、
 おいしく入ったかどうか確かめるために、ひと口飲むの。
 これって、愛でしょ?

 愛っていうのは、ママがパパのお皿に、
 お料理の一番おいしいところを、
 取り分けてあげるときよ。

 ピアノの発表会で舞台に出たの。
 とても怖かった。
 だって客席から、みんながわたしを見ているんだもの。
 そうしたら、パパがニコニコしながら、
 手を振ってくれているのが見えたの。
 手を振っているのは、パパだけでした。
 それを見たら、もう怖くなくなったの。

 クリスマスのとき、部屋の中にあるもの。
 プレゼントの包みを開けようとして、
 ちょっと手を止めて耳をすましたら、そこにあるよ。

いかがでしたか?
新鮮な気分を、味わえましたか?

最後に、フランスの詩人、
ヴィクトル・ユーゴーの言葉をお贈りします。

 愛とは、宇宙を、
 人ひとりの大きさに、縮小したものだ。

掃除機の掃除

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

このところの天候不順から、
店舗玄関前の雨水のかき出しが毎日続き、

ついに昨日、右の肩を痛めてしまいました。

僕が、ひかりあめでご提供しているオステオパシィは、
残念なコトに自身の施術はできません。

それはまるで、

自分自身を掃除できない、
掃除機のようなモノです。

週に一度程度ですが、
僕は掃除機を掃除します。

愛用のコードレス掃除機は、
ご覧のように分解できるため、

ホースの内側まで掃除が可能です。

写真にあるような、
アルコール成分の含まれた除菌ウェットティッシュが、
特にホースの内側の拭き取りには便利で、

元々ホースの内側が汚れるのは、
湿気を帯びた埃が付着するためですから、

アルコール系で拭き取れば蒸発しますので、
除菌効果も含めて、色々と好都合です。

しかも、このコードレス掃除機は、
ホースがストレートですので、

写真に写っている伸び縮み式の指示棒があると、
この先端にウェットティッシュを絡ませて、

ホースの内側まで綺麗に拭き取れます。

一般的な掃除機のホースは、
屈曲の自在なジャバラ式ですから、

その内側を掃除するとなると、
特別な道具を自前で作る必要があり、

多くの方はホース内部の掃除は諦めるか、
掃除するコト自体、眼中に無いかもしれません。

ですが、週に一度の掃除でも、
かなり汚れていますので、

このパーツの掃除をするかどうかで、
電気の消費量や、周囲の空気の汚れ具合も、
大きく変わるはずです。

また、掃除機先端となるヘッド部分も、
滑車の軸に埃が巻き込みやすいので、

この部分は分解して掃除します。

わが家の場合、猫の毛が絡み込んでいて、
大きな毛玉になっていたりします。

こうして書き連ねると、何だか大変そうですが、

小さな掃除機ですので、
こんな具合で、一台丸ごとメンテナンスしても、

モノの数分で完了しますし、
掃除を終えた掃除機は、気分も良さそうです。

自分で自分を掃除できない掃除機を、
掃除したコトですし、

自分では治せない故障した肩を、
今日は、メンテナンスに出掛けようかな…。

庖丁刀

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

包丁は、料理する人間の手先となって働いてくれる、
大切な道具であるとともに、聖なる道具です。

包丁は、正確には「庖丁」と書きますが、
実はこの言葉だけでは、いわゆる包丁を示しておらず、

「庖丁」は、「料理する人」を意味します。

「庖」は、台所を表し、
「丁」は、そこで作業する人なのだそうです。

そのため、包丁を正しく表現するなら、
「庖丁刀」と書く必要があるようです。

「料理人の刀」というワケです。

わが家のような純菜食の家庭では、
包丁のバリエーションは、基本的には1本で良く、

写真上の包丁は、
以前から使っていた子供用包丁で、

写真下の包丁は、
ベジタリアン仲間が作ってくれたペティナイフです。

堅い南瓜や冬瓜などを二つに割るには、
柄のしっかりした、このペティナイフは、
とても使い勝手が良く、助かっています。

そんな、包丁たちですが、

料理をしていて、
包丁がうまく動かないときは、
決まってストレスを抱えています。

基本的に僕は、
調理に雑念を持ち込まない主義なんですが、

それでも、何かの拍子で、
考えなくて良いコトを、調理中に考えてしまうのでしょう、

そんな時は決まって、包丁が言うコトをききません。

そんな自分に気付いたら深呼吸して、
包丁を研いで、台所の神様に感謝し、
再び包丁を握ります。

ところで、使い終えた包丁ですが、
あなたは、どうされていますか?

他の調理道具と一緒に、
適当に仕舞い込む人も少なくないと思いますので、

あなたの波動を高め、幸せを引き寄せるためにも、
今日は僕の、包丁を片付ける様子をご覧下さい。

使うモノは、自然素材の布巾と組紐です。
端を織り込んだ布巾に、一本目の包丁を差し込み、

そのまま半回転巻き込んだら、
その上に、二本目の包丁を置きます。

二本の包丁を、布巾のもう一方の端まで巻き込んで、

最後に組紐で、ご覧のように縛ります。

この状態で、包丁専用の収納場所に置いて、
有難うございましたと、感謝の言葉を述べます。

ちなみに、この組紐の断面は、
木工ボンドで固めてありますので、
ほころびるコトはありません。

また、布巾は、毎日交換します。

料理のプロの世界では、
包丁は調理人の魂だと言われますが、

家庭料理においても、
包丁の活躍する台所は聖地ですので、

使い終えた包丁に、ゆっくり休んで頂く姿勢は、
やはり大切だと感じています。

雨水バイパス工事のお知らせ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、工事のお知らせです。

7月上旬に襲来した台風9号の影響で、
店舗玄関前の雨水処理が壊れてしまっており、

ご覧のように、少しまとまった雨が降ると、
店舗の玄関前は、水浸しになってしまいます。

そのため、多い日には、
一日に10回近くも、雨水を竹箒で吐き出さねばならず、

雨が降れば、僕の足腰も鍛えられるという理不尽な状態が、
かれこれ一か月以上続いています。
(T_T)

業者さんへの依頼は、
とっくに済ませてありますが、

色々とお忙しいようで、
電話連絡もままならなかったのですが、

工事の目途が、漸く立ったようで、
来週中には、雨水をバイパス排水する工事に、
着手できそうとの連絡を、昨日頂戴しました。

もちろん、これは確定では無く、

新しい台風も発生していますので、
先は読めませんが、

恐らく、来週の定休日となる、
火から木曜日のどこかで工事が出来る見込みです。

ご来店されるお客様には、ご不便をお掛けしますが、
ご理解の程、宜しくお願いいたします。

Scroll to top