「おきなわいちば」を卒業しました

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

2004年の「沖縄市場・第6号」から始まった、
エッセイ「ふたりのまいにち」の連載を、

今年3月発売となった「おきなわいちば・第49号」をもって、
卒業させて頂くことになりました。

全部で44話も、執筆させて頂きました。

偶然、編集担当のYさんも、
お母様の介護のために同社を退職されることになり、

Yさんと一緒に始め、
Yさんと一緒に卒業することになりました。

Yさんとは、その連載が始まる前の一年間程、
糸満のラジオ局で一緒に番組制作をしており、

僕はDJを勤めながら、
オールディーズの合間に食の話しを盛り込んだ、
一時間番組を毎週放送していました。

Yさんが、その放送局を退職して、
「おきなわいちば」の編集に参加された直後、

ライブに向かう僕の携帯電話に、
彼女から電話が入りました。

 ゆうすけさん、
 あの時のラジオ番組の雰囲気で、
 食育のコラムを書いてみない?

僕は、この話しがとても嬉しくて、
その場で快諾し、

 コラムどころか、
 1ページ占有するくらいの大作も書けますよ。

…と、冗談を飛ばしたところ、

 じゃあ、書いてみて。

…という感じで、この連載は始まったのです。

そんな、記念すべき第一話のテーマ食材は、
「もずく」でした。

当時はまだ、ベジタリアンでも何でもなく、

家事や育児の好きな僕の、
沖縄の食文化に対する純粋なメッセージを、

何のためらいも無く、
書き連ねることができました。

ですが、自身や先妻、
そして、ひかりあめの利用者様の病気や症状と、

毎日の「食」という切り口から向き合う中で、
現代の食事情への疑問は、日増しに大きくなり、

自然ななりゆきで、純菜食生活への扉を開け、
さらに先月末からは、
グルテンフリーも実践するなど、

多くの人々が「一般的」と信じる食のスタイルから、
僕の生き方は、どんどん離れるカタチになりました。

そうした中で、

食に対して中立な立場の「おきなわいちば」への寄稿は、
自分に対して嘘を付けない僕には、

だんだんと、苦しくなって来たのです。

ですが、今、振り返れば、
楽しい思い出ばかりの44作品でした。

沢山のメニューを考え、沢山食べ、
読者の皆さんとの共有も、沢山ありました。

「6」という「結び」の数魂に誕生し、
「49」という「幕開け」の数魂に閉じ、
「44」という「調和」の数魂の作品数を世に出せたコトを、

僕は、誇りに思います。

10年間も、僕の拙いエッセイをご愛読頂き、
本当に有難うございました。

また、44作品全てに、
素敵なイラストを投じてくれた次女にも、

この場を借りて感謝を捧げます。

土日祝日の発送が可能になりました

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ひかりあめから、調合エッセンス等を発送する際、
これまでは、地元の北中城郵便局を利用していました。

こちらの局は、ひかりあめから徒歩3分の距離にあって、
毎日の出荷も、ウォーキングを楽しみながらやっていました。

ですが、一般の郵便窓口だけのため、
土日祝日の発送は不可能でしたが、

郵便のシステムなので、仕方ないと思っていました。

しかし、ひかりあめの定休日が多くなった分、
お客様へのエッセンス等の発送に遅延が出ぬよう、

何か良い方法は無いかと調べていたところ、

ひかりあめから4キロ離れた、
沖縄市の胡屋にある沖縄郵便局からであれば、

土日祝日の発送も可能だということが判りました。

この地に住んで10年も経って、
やっと知りました(笑)

この局であれば、
土日祝日の発送も可能なことは知っていたのですが、

速達や書留などの、特殊郵便物専用の窓口で、

ひかりあめで利用する特定記録郵便や代金引替郵便は、
受け付けてもらえないものだと、思っていたのです。

…というワケで、

これまで通り、地元の北中城郵便局と、
隣市の沖縄郵便局を併用して、
お荷物の出荷が毎日可能になったのです。

従来は、金曜日の午後4時以降にご発注頂いたお荷物は、
翌々々日の月曜日の朝まで、出荷できない状態でしたが、

今後は、金曜日の4時以降にご発注頂いたお荷物は、
翌日の土曜日の朝の出荷が可能となり、

同じように、土曜日にご発注頂いたお荷物も、
翌日の日曜日の朝の出荷が可能となりました。

なかなかの大進歩ですよね。

皆様のご利用を、お待ちしております。

夢の対談へのお誘い

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この2月、
ひかりあめのストレージが壊れて以来、

2007年からご提供していた、花療法の通信講座も、
閉講を余儀なくされました。

その講座を開講するにあたって、
僕が最も信頼し、引用も多かったのが、
写真左の本です。

英国のアマゾンに注文して取り寄せ、
300ページ以上の大作を、
英検3級の僕が、必死になって読了した名著です。

ヒーリング・ハーブス社代表の
ジュリアン・バーナード氏が書かれたもので、

花療法の開発者である
エドワード・バッチの遺した文献を頼りに、

自身の足で花々の生息地に赴き、
スケッチや撮影、観察を行い、

関連する古い文献とも照らし合わせるなどして作られた、
想像を絶する力作が、この本なのです。

2009年に、英国を訪問して彼にもお会いし、
既にこの本を読了していて、
日本人に花療法を伝えていると彼に報告しました。

帰国後、彼と何度かメールの遣り取りをしていると、
ある日…、

 今度、Form&Functionの日本語版を作ることになったのだけど、
 きっと君は、協力せずにはいられないだろう。

…という、意味深なメッセージが届きました。

あの、大作を日本語化なんて、出来るんだろうかと、
その時は信じられない気持ちで一杯でしたが、

それから暫く経ったある日、
谷口みよ子さんから、メールが届いたのです。

「エドワード・バッチ著作集」を翻訳された彼女のことは、
もちろん知っていましたので、

ジュリアン氏のあのメッセージが、
ジョークなんかではなかったことが、
その瞬間に判りました。

そこから、どれくらいの時間、
この本と向き合ったか忘れるくらい、
日本語化実現のために、エネルギーを費やしました。

ちなみに、この作業で僕は、一円も頂戴していません。
逆に、お金を頂くことなど、考えもしませんでした。

日本の花療法家としての誇りに満ちた仕事に、
没頭しまくった日々でした。

2年以上の歳月が、そんな形で流れましたが、
みよ子さんの苦労は、僕の何倍も、いや何十倍もあったはずです。

実際、現段階では、
「英国で印刷された日本語の洋書」という妙なスタイルのため、
日本の一般書店では注文できる書籍ではありませんが、

花療法を真剣に学びたい!と思っている日本人に、
絶対に読んで頂きたい素晴らしい本は、
こうして誕生しました。

その後、冒頭でも書きました通り、
僕の講座は閉講してしまいましたが、

この本(写真右)を、
花療法家を目指す日本人の手元に、
届けられることができたことで、

花療法伝承に関する僕の役目は、
無事終えることができたのではと、思っています。

そして、来月1日、
みよ子さんの主催する「響探求会」のゲストとしてご招待頂き、
僕は沖縄から駆け付けることにいたしました。

当初は、僕が沖縄にいることや、
母親の介護の件などを察して頂き、

インターネットを使った映像付きの
遠隔ミーティングを計画して下さっていましたが、

その開催日と翌日が、
僕のスケジュールでも、ぽっかり空いていたため、

これは、直接面談にしないと、
将来、あの世で、エドワードに合わせる顔が無いと思い、

1秒も掛からずに決断し、
1分後には、飛行機と宿の予約を終えていました。

僕が、社会的に異端児であることは、
当ブログ読者の皆さんにとって、
既知のことと思いますが、

後から判ったことですが、
みよ子さんも相当な異端児のようで、

今回の直接対談では、
どんな話題が飛び出すか、楽しみで仕方ありません。

絶対、録音だけはしないで下さいね(笑)

日程などの詳細は、みよ子さんのブログをご一読下さい。
申込み方法も、そちらに記載されています。

最初で最後の、夢の対談となる可能性大です。

自然や自然療法を愛する方には、
ぜひ、ご参加頂きたいと思います。

楽しい会にしましょう!