塩漬けを作る

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

これまでも何回か、食事療法の指導の中で、
自分で漬物を作るようアドバイスをしていますが、

先日、母親同席で受診された、高校生の女の子は、
痩せ過ぎの状態からの健康的な回復を希望されており、

数日間の食事内容を伺ったところ、
腸内環境のかなりの悪化を示す根拠が、
幾つも見つかりました。

そのため、彼女にも、
空腹時の植物性乳酸菌摂取として、
漬物作りを勧めたのですが、

同席したお母さんは、
漬物は作ったことが無いというのです。

過去にも同じようなケースがありましたので、
そんな方々に参考にして頂けるよう、

簡単に出来る、塩漬けの作り方をご案内します。

今日は、茄子と胡瓜を漬けますが、
特に茄子は、漬物以外にも使える重宝な常備菜になります。

沖縄産の有機無農薬の茄子です

地元の私設市場で購入した、
沖縄県産の有機無農薬の茄子です。

筒切りにした後、縦割りします

これを3から5センチに筒切りした後、
縦に二つから六つに割って、一口サイズにします。

茄子は、漬物になると、かなり小さくなりますので、
大き目の一口サイズで切り揃えましょう。

このようにして切った茄子を、
一旦、キッチンスケールで重さを測ります。

塩加減を決めるためです。

発酵を目的とした塩漬けでは、
野菜の重量の2%の塩加減にします。

茄子は、全量で765グラムあったので、
天然塩は15グラム必要な計算になります。

15グラムの塩というと、15ccの塩を勘違いする方が多いですが、
ここではグラムですので、重さが目安となります。

小口に切った茄子の入ったビニール袋に、
塩を全体に万遍無く振り掛けたら、

ビニール袋の中に空気を吹き込んで、
空気が漏れぬよう、ビニール袋の口を軽く抑えながら、

ビニール袋ごと中身を手で振って、
塩を全体に行き渡らせます。

もう、出来ちゃいました

充分に行き渡りましたら、
今度は空気をしっかり抜いて、口金で止めて完成です。

この状態で、冷蔵庫に保管し、
5日目くらいから食べられます。

毎日、この袋を天地返ししてあげると、
全体の漬け込まれ方が、均一になって塩梅も良くなります。

5日後のブログで、
この続きの仕上げ工程をご紹介しますね。

ちなみに、この茄子の塩漬けは、漬物以外にも、

トマトと一緒に煮込んで、
パスタソース等を作ったりする時に便利です。

特に茄子は、生の状態から加熱調理をすると、
種の部分の毒性が、完全に消えません。

しかし、発酵させることで、種の毒性は無くなりますし、
油を吸収したりする必要も無くなるので、
低カロリーなソースを作ることができます。

今度は、胡瓜です

同じ要領で、今度は胡瓜を漬物にします。
写真右の細身の胡瓜は、京都産、

写真左の逞しい胡瓜は、沖縄産です。
いかにも、沖縄らしい胡瓜です。

どちらも、有機無農薬の胡瓜です。

このうち、沖縄産の胡瓜の方は、糠漬けにしました。

茄子と同じように、切り揃えます

胡瓜も同じように、3から5センチに筒切りした後、
縦に二つから四つに割って、一口サイズにします。

胡瓜は茄子と異なり、
漬物になっても、殆ど大きさは変わりませんので、

家族の好みのサイズで、切り揃えましょう。

こちらの胡瓜は、全量が505グラムだったので、
必要な2%の天然塩の量は、10グラムになります。

茄子の時と全く同じ方法で、
小口に切った胡瓜の入ったビニール袋に、
塩を全体に万遍無く振り掛けたら、

これまた同じ手順で、ビニール袋の中に空気を吹き込み、
空気が漏れぬよう、ビニール袋の口を軽く抑えながら、

ビニール袋ごと中身を手で振って、
塩を全体に行き渡らせます。

こちらも、完成しました

また、胡瓜の方は、漬物のみで利用しますので、
この後、純米酢を10グラム加えて、更に揉み込みました。

こちらも、今度は空気をしっかり抜いて、
口金で止めれば完成です。

この状態で、冷蔵庫に保管し、
こちらは、3日目くらいから食べられます。

日が経つ程、乳酸菌は増えますが、
食べ始めたら、一週間くらいで食べきりましょう。

ちなみ、こうして出来上がった漬物は、
シンプルで美味しいので、

一週間も残っていたことは、過去に一度もありません。

グルテンフリーの素晴らしさ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

日々の買い物に使っているクレジットカードのポイントで、
タワー型の送風機をゲットし、昨日から使い始めています。

立派な運転音のわりには、あまり涼しくありませんが、

無い状態より断然涼しいので、
有難く使わせて頂いています。

さて、今朝のメルマガでは、
この一か月のグルテンフリー・ライフに関してお話ししました。

グルテンを持たなかった古代小麦が、
時代を重ねる中で、
豊富なグルテンを有する穀物へと変化し、

全ての人に対してでは無いにせよ、
深刻な小麦アレルギーを、
特定の人々にもたらすようになったのにも、

小麦問題の背景には、
深淵な何かが隠れているとしか考えられません。

僕もアレルギー体質ですが、
小麦への反応は無かったため、
かつては、何の制限も無く食べていました。

ですが、アレルギー体質という
特殊なセンシング能力について考えた時、

この体質を持つ人々は、
人間や動物にとっての有害物質を、

超微量でも感知できる力を持っていると、
言い替えるコトができます。

つまり、小麦アレルギーという症状が、
この世界で何例も確認されている以上、

小麦に含まれる何かが、
人間にとっては有毒だというコトを、既に証明しているのです。

先月末、定休日を増やして、
最後の岩戸開きに向けたスサノヲのツトメを始めるにあたり、

これまでの純菜食生活に加えて、
グルテンフリーも実践することにしました。

すると、始めて3日目くらいから、
頭皮に変化が表れました。

たった3日でしたが、
これまでに無い清々しさを感じたのです。

30歳の時に発生した、全身に渡った重度の乾癬症は、

会社員を止めた十数年前、身体数か所の局部症状となり、
7年前に純菜食に切替えてから、症状が和らぎはじめ、

3年前に減食をはじめてからは、
更に減って頭部だけになり、

そして、2か月前に塩浴をはじめてから、
更に更に減って、

そして、ローフードだけで過ごす一週間では、
何の変化もなく、(T_T)

ですが、この、
たった1か月のグルテンフリー生活で、

ついに、ゼロになりました。
\(^o^)/

ゼロですよ!ゼロ
\(^o^)/

乾癬という皮膚病は、それはそれは厄介なヤツですが、
僕という身体から毒を消せば消すだけ、
その症状は軽くなって行きました。

そして、そのトドメを刺したのが、
何と、ノーマークだったグルテンだったのです。

ですから、小麦アレルギーではない方々も、
まず、一週間でも取り組んでみて下さい。

主食から排除するだけでも、
大きな違いを感じると思います。

僕は、調味料や飲料からも麦を排除しており、
最後に残った味噌を使い終えれば、
完全なグルテンフリー生活となります。

ちなみに、僕の愛用していた熊本産の味噌は、
主原料が裸麦でしたので、これはグルテンを含みません。

ここまで徹底的に実践しなくても、
パンやパスタ、ピザ、ラーメン、うどんなどを、

ご飯や十割蕎麦、ライスヌードルに替えるだけで、
この恩恵を味わって頂けると思います。

僕はこの調子で、
昨年の離婚騒動で薄くなった髪を、

若々しく復活させちゃいます!
(^^)v

クレジット決済の終了と送料値下のご案内

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先日、土日祝日でも商品発送が可能となってから、

ご利用者様に、更なる還元ができないものかと、
色々と考えるようになりました。

無駄な経費を削って、お客様に喜んで頂くために、

そして、営業日が少なくなった今でも、
充実したサービスを提供させて頂くために、

ひかりあめの店内中の設備のチェックを重ねた結果、

クレジットカードによる決済を、
止めようという結論に至りました。

元々このシステムは、

通信講座の決済用として、
また、花療法ストックボトルの店頭販売用にと、
ご用意させて頂いたサービスでした。

ですが、通信講座も、
花療法ストックボトルの販売も無くなった今では、

店頭での各種セッション料金のお支払いや、
通販での事前決済にご利用頂いておりましたが、

ご存じの通り、クレジットカードをご利用頂いた場合、

店側は、ご利用金額の5%を、
カード会社に手数料として支払う必要があります。

このコストを、通販時の送料の値下げという形で、
ご利用者様に還元しようと思い立ったのです。

具体的には、今後の店頭決済は現金に、
通販につきましては代金引替に一本化させて頂きます。

そして、この決済方法の変更に伴う、
ご利用者様への還元策として、

・通販時の代金引替手数料の無料化
※これまでは、200円をご負担頂きました

・代引送料の全国一律460円への一本化
※これまでは、重量が200gを超えた場合、超過料金が発生しまし

以上2サービスを、新たにご提供いたします。

なお、スカイプによるホロスコープ療法など、
事前決済を必要とするセッションでは、
銀行振込、もしくは郵便振替をご利用頂けます。

また、こうした変更に伴い、
メールによるエッセンス調合サービスの、
入力フォームが新しくなりました。

新フォームでは、レメディ名をご入力頂くのではなく、
チェックボックスから簡単に選択して頂けます。

また、同梱を希望される自然雑貨などの、
フォームへの入力も可能となりました。

レメディ強度の強弱をご希望される場合は、
備考欄をご活用下さい。

皆様のご利用を、お待ち申し上げております。
\(^o^)/

モロヘイヤのジェノベーゼ風クリームパスタ

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、モロヘイヤを使ったパスタをご紹介します。

フードプロセッサではなく、ブレンダーでソースを作ります。
非加熱ですので、酵素もたっぷり摂取できます。

分量は、すべて二人前で表記しています。

材料はコチラ

先月末から、グルテンフリー生活を送っていますので、
パスタは、タイ製のライスパスタを使っています。

モロヘイヤは100グラム使います。

葉だけ外す必要はなく、茎ごとブレンダーにかけますが、
茎の赤身を帯びて固くなった部分は、手でちぎって下さい。

薄緑で、手で簡単に折れるような茎は、
葉と一緒にソースにしてしまいましょう。

赤身を帯びている部分が入ると、えぐみが出ますが、
気にしない方は、そのまま食べちゃって下さい。

写真のにんにくは、沖縄の島ニンニクです。

二人分にしては多く見えますが、島ニンニクは小ぶりなので、
これくらい使った方が美味しいです。

島ニンニクは、風味とも抜群なのですが、
とにかく小ぶりなので、
薄皮を剥くために、僕の場合はメガネが必要です(笑)

内地産のニンニクなら、一人分一片で充分でしょう。

ライスパスタを茹でます

ソースを作る前に、ライスパスタに茹でます。

茹でる湯に加える塩は、1リットルあたり小さじ1が目安です。
今日は冷製パスタなので、いつもより1分長く茹でました。

実際には、200グラムのライスパスタに対して、
3リットルの熱湯で9分茹でました。

パスタを茹でる間に、トマトを小口に切っておきましょう。

これは、昨日の農薬落しの投稿で登場した、
「桃太郎トマト」のうちの一つです。

モロヘイヤソースの緑に、トマトの赤が映えるので、
今回はトッピングに使いましたが、

もし可能なら、有機無農薬の完熟トマトを使って下さい。
最終的な完成度が、全く変わります。

パスタが茹で上がったら、流水でしっかりヌメリと粗熱を取ります。

この日は暑かったので、茹で上がったパスタは、ビニル袋に入れ、
ソースが出来上がるまで、冷凍庫に入れて冷やしました。

ソースを作ります

ブレンダーに、豆乳を100ccと、天然塩を小さじ1、
オリーブオイルを大さじ4を入れ、

そこに、赤身を帯びた茎を外したモロヘイヤ、

そして、あれば、白胡麻ペーストを大さじ1入れ、
ミキシングします。

完成しました!

冷えたライスパスタに、モロヘイヤソースをかけ、
トマトをトッピングすれば完成です。

モロヘイヤ特有のネバネバが、
豆乳とオリーブオイルで、丁度良いクリーミィさに仕上り、

夏バテ防止も期待できる、冷製パスタが完成しました。
ぜひ、お試し下さい。

重曹で農薬落し

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

既にお伝えしておりますが、

天然素材の農薬落し「海の野菜洗い」の販売は、
先月末で終了させて頂きました。

この製品の、残留農薬&ワックスを
除去する力は本物でしたので、
数年に渡って、当店にて販売して参りました。

また、廃棄物となるはずのホタテの貝殻の
再利用商品と言うエコな側面も評価しておりましたが、

貝殻とはいえ動物由来であるため、

全生命の調和を目指す
ひかりあめのポリシーに合致しないことが、
販売終了の理由となります。

代替として、重曹による、
残留農薬&ワックス除去の方法をお伝えします。

重曹水を作ります

スーパーマーケットで販売するトマトは、
ほぼ例外無く、農薬やワックスが付着しています。

大きめのボウルに浄水を1000cc入れ、
そこに重層を、小さじ2杯入れて撹拌します。

表面を洗います

トマトを入れ、表面を洗うようにしながら、
重曹水の中で踊らせます。

1分程度で良いようです。
葉野菜などは、30秒程度で充分です。

写真では判り難いですが、
重曹水が残留ワックスで黄色くなりました。

触った感触まで変わります

トマトの表面を流水でしっかり洗い、
水分を拭き取れば作業は終了です。

ちなみに、写真では伝わりませんが、

トマトの表面を触った感触が、
作業前とは別物になるので、きっと驚かれるはずです。

これで、安心して食べられるトマトになりました。

奇蹟を起こそう

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この日の投稿で、
僕の中に、スサノヲの分霊があるという
ぶっ飛んだ(笑)お話しをいたしました。

スサノヲ
※Wikipediaより転載

そして、そのツトメを成就させるために、
ひかりあめの営業日を減らすコトもお伝えしました。

沢山、この足で歩き、
世界遺産で瞑想し、

彼の御霊と真摯に向き合っています。

もちろん、スサノヲの御霊は、
僕の中だけにあるワケではありません。

彼の御霊を受けた人間には、
ホロスコープに特徴が表れます。

一つ目は、アセンダントが、
牡羊座のかなり初期角度にあることです。

そして二つ目は、山羊座の、
これもかなりの初期角度に土星があって、

ミディアム・シーリー(MC)と、
ハードなアスペクトがあることです。

また、第6ハウスに、感受点が集結します。

こうした特徴がある人、
三つの特徴、全てではなくても、

一つだけでもある人には、
彼の御霊が宿っているはずです。

僕を含め、彼の御霊を宿す人々は、

この世界を大調和させるという、
トンデモなく大胆な奇蹟を、起こす使命を担っています。

誰にでも出来るコトではありませんから、
これは「奇蹟」と呼ぶしかありませんが、
僕は本気で世界を変えるつもりです。

奇蹟とは、起こり得ないことを起こすことですが、

奇蹟を呼び起こす人とは、
それを呼び起こすのに相応しい準備の整っている人のコトで、

心身は、軽く自由で、
※軽い=Light=光

断捨離や掃除を励行し、身辺の周囲の波動高まり、
※宇宙の高波動の受け皿を用意する

そして、自然や数魂を媒体に、
宇宙との交信を行っている人です。

また、明確なビジョンがあって、
そのビジョンを見て、感じて、触れる度に、
気分が高揚し、脈拍の高まる人です。

また人生には、一切の無駄が無いことを知っていて、
そうしたタイミングを逃さず、
感じ取って行動する人でもあります。

僕が、奇蹟を起こすに当たり、
足りない条件はココから先で、

それは、他者との繋がりを、
作れる人であるかどうかです。

他者の遣り方を認め、
彼らのもたらす直接的、間接的な資源を認め、

ジャッジをせず、
共存共栄の精神を大切にできるかどうかです。

寛大に認めることによって、他者の良い部分を、
自分の中にも見出すコトができます。

そうして、真の意味での「自分自身」に成り切れば、
奇蹟は必ず起こります。

こうして、言うのは簡単ですので、
何か、具体的な奇蹟を起こして、

それを皆さんにお見せすることで、
奇蹟は、自分の意志で起こせると言うことを、
僕はこの手で証明するコトに決めました。

「おきなわいちば」を卒業しました

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

2004年の「沖縄市場・第6号」から始まった、
エッセイ「ふたりのまいにち」の連載を、

今年3月発売となった「おきなわいちば・第49号」をもって、
卒業させて頂くことになりました。

全部で44話も、執筆させて頂きました。

偶然、編集担当のYさんも、
お母様の介護のために同社を退職されることになり、

Yさんと一緒に始め、
Yさんと一緒に卒業することになりました。

Yさんとは、その連載が始まる前の一年間程、
糸満のラジオ局で一緒に番組制作をしており、

僕はDJを勤めながら、
オールディーズの合間に食の話しを盛り込んだ、
一時間番組を毎週放送していました。

Yさんが、その放送局を退職して、
「おきなわいちば」の編集に参加された直後、

ライブに向かう僕の携帯電話に、
彼女から電話が入りました。

 ゆうすけさん、
 あの時のラジオ番組の雰囲気で、
 食育のコラムを書いてみない?

僕は、この話しがとても嬉しくて、
その場で快諾し、

 コラムどころか、
 1ページ占有するくらいの大作も書けますよ。

…と、冗談を飛ばしたところ、

 じゃあ、書いてみて。

…という感じで、この連載は始まったのです。

第一話のテーマ食材は、
忘れもしない「もずく」でした。

当時はまだ、ベジタリアンでも何でもなく、

家事や育児の好きな僕の、
沖縄の食文化に対する純粋なメッセージを、

何のためらいも無く、
書き連ねることができました。

ですが、自身や先妻、
そして、ひかりあめの利用者様の病気や症状と、

毎日の「食」という切り口から闘う中で、
現代の食事情への疑問は、日増しに大きくなり、

日月神示に出会って、純菜食生活に転じ、
先月末からは、これに加え、
グルテンフリーも実践するなど、

多くの人々が、「一般的」と信じる食のスタイルから、
僕の生き方は、どんどん離れるカタチになりました。

そうした中で、

食に対して中立な立場の「おきなわいちば」への寄稿は、
自分に対して嘘を付けない僕には、

だんだんと、苦しくなって来たのです。

ですが、今、振り返れば、
楽しい思い出ばかりの44作品でした。

沢山のメニューを考え、沢山食べ、
読者の皆さんとの共有も、沢山ありました。

「6」という「結び」の数魂に誕生し、
「49」という「幕開け」の数魂に閉じ、
「44」という「調和」の数魂の作品数を世に出せたコトを、

僕は、誇りに思います。

10年間も、僕の拙いエッセイをご愛読頂き、
本当に有難うございました。

また、44作品全てに、
素敵なイラストを投じてくれた次女にも、

この場を借りて感謝を捧げます。
m(__)m

土日祝日の発送が可能になりました

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ひかりあめから、調合エッセンス等を発送する際、
これまでは、地元の北中城郵便局を利用していました。

こちらの局は、ひかりあめから徒歩3分の距離にあって、
毎日の出荷も、ウォーキングを楽しみながらやっていました。

ですが、一般の郵便窓口だけのため、
土日祝日の発送は不可能でしたが、

郵便のシステムなので、仕方ないと思っていました。

しかし、ひかりあめの定休日が多くなった分、
お客様へのエッセンス等の発送に遅延が出ぬよう、

何か良い方法は無いかと調べていたところ、

ひかりあめから4キロ離れた、
沖縄市の胡屋にある沖縄郵便局からであれば、

土日祝日の発送も可能だということが判りました。

沖縄郵便局

この地に住んで10年も経って、
やっと知りました(笑)

この局であれば、
土日祝日の発送も可能なことは知っていたのですが、

速達や書留などの、特殊郵便物専用の窓口で、

ひかりあめで利用する特定記録郵便や代金引替郵便は、
受け付けてもらえないものだと、思っていたのです。

というワケで、

これまで通り、地元の北中城郵便局と、
隣市の沖縄郵便局を併用して、
お荷物の出荷が毎日可能になったのです。
\(^o^)/

従来は、金曜日の午後4時以降にご発注頂いたお荷物は、
翌々々日の月曜日の朝まで、出荷できない状態でしたが、

今後は、金曜日の4時以降にご発注頂いたお荷物は、
翌日の土曜日の朝の出荷が可能となり、

同じように、土曜日にご発注頂いたお荷物も、
翌日の日曜日の朝の出荷が可能となりました。

なかなかの大進歩ですよね。

皆様のご利用を、お待ちしております。

夢の対談へのお誘い

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この2月、
ひかりあめのストレージが壊れて以来、

2007年からご提供していた、花療法の通信講座も、
閉講を余儀なくされました。

その講座を開講するにあたって、
僕が最も信頼し、引用も多かったのが、
写真左の本です。

植物のかたちとはたらき

英国のアマゾンに注文して取り寄せ、
300ページ以上の大作を、
英検3級の僕が、必死になって読了した名著です。

ヒーリング・ハーブス社代表の
ジュリアン・バーナード氏が書かれたもので、

花療法の開発者である
エドワード・バッチの遺した文献を頼りに、

自身の足で花々の生息地に赴き、
スケッチや撮影、観察を行い、

関連する古い文献とも照らし合わせるなどして作られた、
想像を絶する力作が、この本なのです。

2009年に、英国を訪問して彼にもお会いし、
既にこの本を読了していて、
日本人に花療法を伝えていると彼に報告しました。

帰国後、彼と何度かメールの遣り取りをしていると、
ある日…、

 今度、Form&Functionの日本語版を作ることになったのだけど、
 きっと君は、協力せずにはいられないだろう。

…という、意味深なメッセージが届きました。

あの、大作を日本語化なんて、出来るんだろうかと、
その時は信じられない気持ちで一杯でしたが、

それから暫く経ったある日、
谷口みよ子さんから、メールが届いたのです。

「エドワード・バッチ著作集」を翻訳された彼女のことは、
もちろん知っていましたので、

ジュリアン氏のあのメッセージが、
ジョークなんかではなかったことが、
その瞬間に判りました。

そこから、どれくらいの時間、
この本と向き合ったか忘れるくらい、
日本語化実現のために、エネルギーを費やしました。

ちなみに、この作業で僕は、一円も頂戴していません。
逆に、お金を頂くことなど、考えもしませんでした。

日本の花療法家としての誇りに満ちた仕事に、
没頭しまくった日々でした。

2年以上の歳月が、そんな形で流れましたが、
みよ子さんの苦労は、僕の何倍も、いや何十倍もあったはずです。

実際、現段階では、
「英国で印刷された日本語の洋書」という妙なスタイルのため、
日本の一般書店では注文できる書籍ではありませんが、

花療法を真剣に学びたい!と思っている日本人に、
絶対に読んで頂きたい素晴らしい本は、
こうして誕生しました。

ちなみに、その本の直販サイトは、こちらです。

その後、冒頭でも書きました通り、
僕の講座は閉講してしまいましたが、

この本(写真右)を、
花療法家を目指す日本人の手元に、
届けられることができたことで、

花療法伝承に関する僕の役目は、
無事終えることができたと自負しています。

そして、来月1日、
みよ子さんの主催する「響探求会」のゲストとしてご招待頂き、
僕は沖縄から駆け付けることにいたしました。

当初は、僕が沖縄にいることや、
母親の介護の件などを察して頂き、

インターネットを使った映像付きの
遠隔ミーティングを計画して下さっていましたが、

その開催日と翌日が、
僕のスケジュールでも、ぽっかり空いていたため、

これは、直接面談にしないと、
将来、あの世で、エドワードに合わせる顔が無いと思い、

1秒も掛からずに決断し、
1分後には、飛行機と宿の予約を終えていました。

僕が、社会的に異端児であることは、
当ブログ読者の皆さんにとって、既知のことと思いますが、

後から判ったことですが、
みよ子さんも相当な異端児のようで、

今回の直接対談では、
どんな話題が飛び出すか、楽しみで仕方ありません。

絶対、録音だけはしないで下さいね(笑)

日程などの詳細は、みよ子さんのブログをご一読下さい。
申込み方法も、そちらに記載されています。

最初で最後の、夢の対談となる可能性大です。

自然や自然療法を愛する方には、
ぜひ、ご参加頂きたいと思います。

楽しい会にしましょう!