良質なカルシウムを摂ろう…前編

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

一週間ぶりの更新となります。

例によって、お料理ネタですが、
どうぞ、お付き合い下さい。

カルシウム摂取を牛乳に任せている人は多いですが、
過去の講演では、何度も申し上げたとおり、

動物性の酸性カルシウムでは、
骨を強化するどころか、

代謝性アセドーシスを引き起こし、
脆い骨にしてしまいます。

美味しく、簡単に摂取できるカルシウム料理を、
今日、明日の2回に分けてご紹介します。

用意して頂くのは、切り干し大根です。

大根は、天日乾燥させることで、
カルシウムが増強されます。

切り干し大根というと、水の中で戻す人が殆どですが、
旨みが水に溶け出してしますので、

その水を料理に使うのなら、それもアリですが、
僕の場合はザルを使って、水を含ませます。

ご覧のように、ザルに入れた切り干し大根を、
汚れを落とすのを兼ねて、

多めの水で、しっかり洗い、
そのまま放っておきます。
※ポコちゃんが、興味津々

大根の太さにもよりますが、
今日は山原産(沖縄北部)の太目の大根でしたので、
10分強放置しました。

歯応えの良い状態で、かつ、
切り干し大根の旨みが残ったままの、

美味しい大根サラダが、
たったこれだけで完成します。

お気に入りのドレッシングをかけて、
お召し上がり下さい。

今日の僕は、ドレッシングではなく、
一週間程前に仕込んだ、漬物を和えることにしました。

写真の奥に写っているのは、カンダバァの茎の漬物です。

沖縄でカンダバァ(芋葉)と言えば、
ジューシィが有名ですが、

わが家では、酵素摂取を目的に、発酵させて頂きます。

茹でていない生の茎を、食べ易い長さに切って、
酢醤油に漬けておいただけの、超簡単な発酵食品です。

発酵すると、余分な繊維質が溶けますが、
こちらも歯応えの楽しい、漬物となります。

戻した切り干し大根と、
カンダバァの茎の漬物を和えれば、
今日のわが家の一皿は完成です。

この半量を、今日は頂き、
明日はこれに、あるモノを加えます。

明日は、さらに、
カルシウム摂取を良くする工夫が加わりますよ。

お楽しみに。