冬瓜のサイコロ漬物

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先週、小ぶりで色艶の良い冬瓜が手に入ったので、
サイコロ状の漬物にしてみました。

小ぶりの冬瓜が手に入りました

沖縄での冬瓜のニーズの多くは、
煮込み料理が主流ですが、

わが家では、酵素をがっちり摂取できる生食が主流です。

糠漬けにしても美味しいのですが、
今回は、歯応えの楽しいサイコロ状の漬物にします。

サイコロ状に切り揃えます

皮を剥いてワタを外した冬瓜を、
ご覧のように縦長に切り、

一辺が3センチ弱の、
サイコロ型になるように切り揃えます。

煮物でもそうですが、大きさが揃うと、
仕上がりが満遍無くなります。

漬け汁を作る

漬け込むのは、醤油と純米酢、それにタバスコです。
醤油も酢もタバスコも、すでに発酵食品ですので、

この組合せは、乳酸菌も多様で、
深みのある味を演出してくれます。

割合は、醤油2に対して純米酢1です。

タバスコは、お好みで使って下さい。

結構入れても、物凄い辛みになるかと思いきや、
不思議と旨みに化けちゃいます。

ビニル袋を使って、漬け汁を節約♪

ビニール袋に入れて漬け込むのは、
漬け汁が少なくて済むからです。

冷蔵庫に保管して、
毎日一回、天地を逆にしてやります。

一週間もすれば、美味しく漬かります。

周囲がすっかり漬かっていて、
中央に生の部分が、
少し残るくらいの漬かり具合がお勧めです。

一週間後、たっぷりの黒ゴマを振って召し上がれ

せっかくの仕上がり写真なのに、写真のピントが甘いですねぇ。
((+_+))

ご覧のように、炒った黒ゴマを、
たっぷり振ってお召し上がり下さい。

おにぎりの具にも、合いますよ。