思い立ったらスグ焼ける、無発酵の雑穀パン

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

お待たせしました。
ご要望にお応えし、

ひかりあめ式の雑穀パンの作り方をご紹介します。

発酵要らずの上、フライパンで焼けますので、
思い立ったら、すぐに作れます。

14年目のミルサー

雑穀パンを作るとなると、
大活躍するのが、こちらのミルサーです。

2001年に購入したIFM-600という機種で、
14年間使い続けている猛者です。

パッキンが切れて、無くなっていますので、
今は液体モノには使えません。

来年あたり、定格使用時間が5倍の、
最新機種に新調したいと思ってます。

写真の14年前の機種は、連続使用時間が1分ですので、
玄米粉を沢山作ろうと思うと、
モーターを休み休み使わねばなりません。

また、新しい機種は、ガラス容器なので、
匂い移りの心配が無い点も魅力的です。

ヒエ粉を作る

これで、ヒエを粉にします。

ヒエ、アワ、キビなど、
お好きな雑穀で作って下さい。、

基本となるレシピは、
雑穀粉の3倍の薄力粉を使います。

粉の準備

今日は小ぶりのパンを8つ作りたいので、
ヒエを75gに対して、全粒薄力粉を225g使います。

ここにベーキングパウダーを小さじ3、
天然塩を小さじ1、
菜種サラダオイルを大さじ1、
水を180ccで生地を作ります。

ボウルで練る

これをボウルで練り上げたら、
8等分して丸めて、雑穀パンの準備は終了です。

フライパンに油をひいて、
中火と弱火の間ぐらいの火力にして蓋をし、

油が温まったら、
キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。

ここで雑穀パンを投入します。

フライパンで焼く

厚さで時間は変りますが、
今回は片面を8分、もう片面を4分焼きました。

必ず蓋をして、焼いて下さい。

実は、このうちの4個は、平らに延ばして、
長ネギのぶつ切りを包み込んで焼く予定だったんですが、

食いしん坊猫のポンちゃんに邪魔をされて、
その余裕がありませんでした。

パンに火を通している間に、
今日は、アボガドと玉ねぎのディップを作りました。

アボガドと玉ねぎ、天然塩、黒胡椒を、
フードプロセッサに掛ければ、ディップもすぐ出来ます。

完成しました

焼き上がった雑穀パンに、
アボガドディップをたっぷりのせて頂きました。

口の中でホロリと崩れる触感が、
上等なスコーンのようでした。

雑穀によって、風味も触感も変わり、楽しいですよ。

また、全粒薄力粉の代わりに、
ソバ粉や米粉をブレンドしても、美味しいです。

材料的に、猫の好きなモノは入ってないんですが、
わが家の三姉妹猫は、揃いも揃って、この雑穀パンが大好きです。

人間も猫も、同じものを食べる食卓って、素敵でしょ。