純菜食キッシュを作ろう

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

キッシュはフランスの郷土料理で、
パイ生地に、卵、生クリーム、ひき肉、野菜を加え、
チーズもたっぷりとのせ、オーブンで焼き上げます。

純菜食仕様では、豆腐とナッツを使って、
これを実現しますが、

①器となるパイ生地を空焼きしたり、
②メインとなる具材を蒸し煮にしたり、
③最終的な焼き上げに時間を必要としたりで、

手間と時間の掛かるレシピです。

ですから、定休日にゆっくりと作ることはできても、
日々の仕事のあとに、
手際良く作れるようなものではありませんでした。

そこで、②のプロセスを省いて、
そこに掛かる手間と、調理器具の始末に費やす時間をカットし、
一時間以内に作れるレシピにしてみました。

③の工程では、オーブンで40分焼きますので、
その間に、別レシピの準備ができるという計算です。

まず、①から始めましょう。

クッキングシートを敷き込みます

パイ皿の中に、丸く切ったクッキングシートを敷きます。

生地の準備をする前に、オーブンの予熱をしておきましょう。
設定温度は、180度です。

生地の材料

そして、パイ生地の材料は、以下の通りです。

・全粒薄力粉 250g
・水 100cc
・なたねサラダ油 50cc
・塩 少々

生地の粉は、ソバ粉や雑穀粉、玄米粉も使えます。

パイ生地に穴を開けます

これを練ったものを、パイ皿の上で生地に整形し、
底面にフォークで穴を開けます。

生地を10分間、空焼きします

ここまでの時間で、
オーブンの予熱も準備できているはずですので、
10分間、空焼きします。

キノコに火を通します

今回の具材は、キノコとトマトにしました。

キノコは蒸すのではなく、
中華鍋で乾煎りしたあと、料理酒を吸わせ、
余分な水分はクッキングペーパーで拭き取って下さい。

この、キノコを調理した中華鍋を
このあと、ボウル代わりにして、時短するためです。

キッシュの具を混ぜ込みます

キッシュの具材には、
豆腐400g、ナッツ50g、塩小さじ1を
フードプロセッサで攪拌したものを中華鍋に入れ、

最後に、ぶつ切りのトマト200gを入れて混ぜ込みます。

具材をパイ生地に入れ…

具材をパイ生地に入れ、

40分間焼きます

パイの表面を整形したら、180度で40分焼きます。

この40分の間に、他のレシピも作れますよね。
僕はこの時、サラダと味噌汁、漬物を用意しました。

焼き上がると、こんな感じです

焼き上がると、こんな感じです。

パイ生地のザクザク感の楽しい、
純菜食キッシュが完成しました。

食べ易い大きさに切って、お楽しみ下さい。

食べ易い大きさに切って、お召し上がりください