島ゴボウとカレースパイス

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

突然ですが、まず、島ゴボウの画像をご覧下さい。
内地の方には、かなり新鮮な写真ではないでしょうか。

僕も、島ゴボウと初めて出会ったときには、
その無骨な感じに驚きました。

沖縄は土壌の特徴で、
大根やゴボウがまっすぐ伸びません。

味は濃くて美味しいんですが、
見た目がこの通りですので、
正月料理などでは、あまり使われないようです。

わが家におけるゴボウ料理の多くは、
かつて「おきなわいちば」でもご紹介した、

山椒を効かせた醤油煮、
もしくは醤油麹和えが主流ですが、

同じスパイシーさを、
カレーで出してみようと思い立ちました。

ゴボウはタワシを使って、丁寧に土を落とします。

わが家には、ゴボウ専用のタワシがあって、
時間をかけて優しく土を落とします。

土を落としたゴボウは、2センチ長で筒切りにしたあと、
太い部位は縦半分に割って下茹でします。

下茹では、中火で5分で十分です。

干しシイタケと昆布で取った出汁をはり、
下茹でしたゴボウを煮ます。

今日は玉ねぎが切れていたので、
有機栽培のジャガイモをお供にしました。

ジャガイモの表面をスポンジで水洗いし、
芽の部分のみピーラーで取り除いて、
一口大に切って、一緒に煮込みます。

ちなみに、ゴボウもジャガイモも、
皮の部分に栄養価がぎっしりつまっていますので、
剥いたりしては意味がありません。

塩加減は、ニンニク醤油を使います。
この量なら、大さじ4~5です。

ジャガイモに火が通れば完成ですので、
九割方火が通ったら、カレーとしての仕上げを始めます。

カレー粉を大さじ1入れ、
トロミ付けにいは、オートミールを活用します。

アツアツより、少し冷めてからの方が、
僕は美味しいと思います。

一番美味しいのは、常温まで完全に冷ましてから、
再度一度温め、食べ易い温度まで冷ますと完璧ですが、

なかなか、家族は待ってくれません。

ゴボウと山椒の組み合わせは、
まるでソウルメイトか!ぐらいの、抜群の相性ですが、

カレーの複雑なスパイス具合とも、
なかなかの組み合わせでした。

明日は、今回のカレーにも使った、
とっても簡単な出汁の作り方をご紹介します。