ホウレンソウの生食

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は定休日だと言うのに、
早朝から、双子猫のオシッコ騒動で起こされました。

(*_*)

洗濯も終え、ヤレヤレです。

さて、今日はお約束通り、
ホウレンソウの生食レシピをご紹介します。

有機無農薬栽培のホウレンソウが手に入ったら、
ぜひ作って食べてみて下さい。

アクを消すのではなく、
その特徴を活かす食べ方です。

ホウレンソウのアクの正体は、シュウ酸ですが、
これを物質的に捉えると、
摂取によって体内に結石を生むと言われています。

しかし、これは無機質なシュウ酸が成す問題であって、
有機状態の生野菜においては、
他の酵素などと相まって、人体を活性化させます。

現代栄養学の大きな間違いは、
すべての食物栄養素を無機質として捉え、
さらには、酸やアルカリ、陰陽も無視していることです。

そんなバカなと思われる方も、
一度、今日のレシピでホウレンソウを食べてみて下さい。

こんなに美味しいものが、
身体に悪いワケがないということを体感されるでしょう。

だからと言って、難しい段取りはありません。

日頃から、ニンニク醤油や出汁醤油、
そして、塩麹や醤油麹を仕込んでおくだけで、
簡単に作るコトができます。

今日のレシピでは、ニンニク醤油を使います。
沖縄には島ニンニクという、粒の小さな品種があり、
僕は旬の時期(四月前後)に買い込んで、醤油に漬けておきます。

2枚目の写真の右手奥がニンニク醤油です

ホウレンソウを水洗いしたら、
葉っぱ一枚ずつ、丁寧に水気を切って下さい。

この作業が一番手間ですが、
手を抜けば味も半減してしまいます。

ホウレンソウは株元から切り分けるだけで、
葉を切る必要はありません。

切り分けたホウレンソウをビニル袋に入れ、
ここにニンニク醤油を、この量なら大さじ1入れ、
全体に馴染むように、良く揉んで下さい。

そして、荏胡麻油を大さじ1/2入れ、
もう一度、全体に馴染むように揉みます。

ニンニク醤油と荏胡麻油を入れてから揉むのではなく、
醤油を入れて、まず良く揉み、
次に荏胡麻油を入れて、軽く揉みます。

荏胡麻油の代わりに、白胡麻油でもイイです。

普通の胡麻油でもイイんですが、
シュウ酸を旨みとして味わうには、
胡麻油では風味がきつ過ぎます。

ビニル袋の空気抜いて口を閉じ、
半日から1日寝かせてから、お召し上がり下さい。

ホウレンソウって、
こんなに円やかだったんだと気付かれるでしょう。

ホウレンソウといえば、普通はおひたしですが、
醤油の味しか、しなかったりしますよね。

この調理法だと、ホウレンソウの味が、
しっかり味わえます。

なお、柑橘系のもの、
例えばレモン汁などを加えると、

シュウ酸のエグミの輪郭が際立ちますので避けて下さい。

この遣り方は、非常に融通の利く方法で、
特に薬草系葉野菜の多い沖縄では、他の野菜でも活用できます。

近いうちに、ツルムラサキを、
生食で、しかも美味しく頂く方法をご紹介します。

有機ホウレンソウ生食のための仕込みできました!