今年最後の夏定番パスタ

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

日中の陽射しは随分和らぎましたが、
ここ沖縄では、つい最近まで、
お昼前後は真夏日和でした。

僕の大好きなスイートバジルの収穫も、
もう最後の最後でしょう。

今日は、そんなスイートバジルを使った、
夏の定番パスタを、ジェノベーゼをご紹介します。

ペペロンチーノ、ナスとトマトのソースに並ぶ、
わが家では良く食卓に上るパスタです。

以下は、ジェノベソースの一人前の分量です。

・無塩カシュ―ナッツ…40g
・にんにく…一片
・スイートバジル…20g
・天然塩…小さじ1/2
・オリーブオイル…大さじ2

この材料を見て、あれっ?と思った方は、
料理好きの方ですね。

一般的なジェノベーゼは、
カシュ―ナッツではなく、松の実を使います。

松の実で作ると、確かに美味しいんですが、
値段が張るので、わが家では使いません。

そんな松の実の代用とは言え、
今日ご紹介するカシュ―ナッツも、
軽く炒ることで、甘く香ばしい風味が引き立ちます。

炒ったナッツと一緒に、
上記の全量をフードプロセッサに入れ、
しっかり攪拌すれば、ソースは出来上がりです。

ちなみに、オリーブオイルの量は最小限ですので、
ナッツやバジルの絡み具合を見ながら、
必要に応じて後から足して下さい。

茹でたパスタを大き目のボウルで受け、
その中でジェノベソースを絡め、
お気に入りの皿に盛り付けたら完成です。

バジルの葉を一枚トッピングすると可愛いんですが、
今回は、全部ソースにしちゃいました(笑)

また、今回は普通のパスタ麺で作りましたが、
前回は、金時豆とショートパスタで作りました。

スイートバジルの代わりに、
レモンバジルで作っても美味しかったです。

今年最後のジェノベーゼも、とても美味でした。
来年の夏が、恋しいなぁ。