思い立ったらスグ焼ける、無発酵の雑穀パン

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

お待たせしました。
ご要望にお応えし、

ひかりあめ式の雑穀パンの作り方をご紹介します。

発酵要らずの上、フライパンで焼けますので、
思い立ったら、すぐに作れます。

14年目のミルサー

雑穀パンを作るとなると、
大活躍するのが、こちらのミルサーです。

2001年に購入したIFM-600という機種で、
14年間使い続けている猛者です。

パッキンが切れて、無くなっていますので、
今は液体モノには使えません。

来年あたり、定格使用時間が5倍の、
最新機種に新調したいと思ってます。

写真の14年前の機種は、連続使用時間が1分ですので、
玄米粉を沢山作ろうと思うと、
モーターを休み休み使わねばなりません。

また、新しい機種は、ガラス容器なので、
匂い移りの心配が無い点も魅力的です。

ヒエ粉を作る

これで、ヒエを粉にします。

ヒエ、アワ、キビなど、
お好きな雑穀で作って下さい。、

基本となるレシピは、
雑穀粉の3倍の薄力粉を使います。

粉の準備

今日は小ぶりのパンを8つ作りたいので、
ヒエを75gに対して、全粒薄力粉を225g使います。

ここにベーキングパウダーを小さじ3、
天然塩を小さじ1、
菜種サラダオイルを大さじ1、
水を180ccで生地を作ります。

ボウルで練る

これをボウルで練り上げたら、
8等分して丸めて、雑穀パンの準備は終了です。

フライパンに油をひいて、
中火と弱火の間ぐらいの火力にして蓋をし、

油が温まったら、
キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。

ここで雑穀パンを投入します。

フライパンで焼く

厚さで時間は変りますが、
今回は片面を8分、もう片面を4分焼きました。

必ず蓋をして、焼いて下さい。

実は、このうちの4個は、平らに延ばして、
長ネギのぶつ切りを包み込んで焼く予定だったんですが、

食いしん坊猫のポンちゃんに邪魔をされて、
その余裕がありませんでした。

パンに火を通している間に、
今日は、アボガドと玉ねぎのディップを作りました。

アボガドと玉ねぎ、天然塩、黒胡椒を、
フードプロセッサに掛ければ、ディップもすぐ出来ます。

完成しました

焼き上がった雑穀パンに、
アボガドディップをたっぷりのせて頂きました。

口の中でホロリと崩れる触感が、
上等なスコーンのようでした。

雑穀によって、風味も触感も変わり、楽しいですよ。

また、全粒薄力粉の代わりに、
ソバ粉や米粉をブレンドしても、美味しいです。

材料的に、猫の好きなモノは入ってないんですが、
わが家の三姉妹猫は、揃いも揃って、この雑穀パンが大好きです。

人間も猫も、同じものを食べる食卓って、素敵でしょ。

H3CフォーラムのFacebook移行のお知らせ

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ひかりあめのホームページと、僕のFacebookページでは、
昨日、先行で告知しましたが、

こちらの公式ブログでもお知らせします。

花療法ひかりあめが母体となって運営する、
ホームセラピー研究会では、

発足当初から、
会員制ウェブコミュニティ・H3Cを有しており、

講座履修生の情報交換の場として運営しておりました。

ところが、昨年のWindowsXPの終了前後から、
基幹ソフトであるXoopsに問題が生じ、

これ以上、運営することは、
安全面のリスクが問題となって参りました。

新しいコミュニティ基幹ソフトの導入も検討しましたが、

利用者の多いFacebook上のグループへ、
全面移行することにいたしました。

7月より、仮グループを作って、
内容確認をして参りましたが、
昨日、正式な移行を確定した次第です。

Facebookのグループは、属性が3種類あり、
新しいH3Cは「秘密のグループ」に属します。

そのため、参加するにあたっては、
Facebookのアカウント取得はもちろんですが、
管理者(ホームセラピー研究会)からの招待が必要となります。

旧H3C利用者の皆さんから、ご連絡を頂ければ、
ただちに招待させて頂きます。

花療法の勉強を深めたい方の自主的な参加を信じ、
こちらからの積極的な個別通知はいたしません。

予め、ご了承下さい。

ちなみに、新しいH3Cにおいては、

「植物のかたちとはたらき」や、
「エドワード・バッチ著作集」の翻訳を手掛けた、

谷口みよ子さんも、
HOJ名誉会員として在籍されており、

彼女の主宰する読書会情報なども、
共有させて頂いております。

会員の皆様のご連絡を、お待ちしております。

純菜食キッシュを作ろう

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

キッシュはフランスの郷土料理で、
パイ生地に、卵、生クリーム、ひき肉、野菜を加え、
チーズもたっぷりとのせ、オーブンで焼き上げます。

純菜食仕様では、豆腐とナッツを使って、
これを実現しますが、

①器となるパイ生地を空焼きしたり、
②メインとなる具材を蒸し煮にしたり、
③最終的な焼き上げに時間を必要としたりで、

手間と時間の掛かるレシピです。

ですから、定休日にゆっくりと作ることはできても、
日々の仕事のあとに、
手際良く作れるようなものではありませんでした。

そこで、②のプロセスを省いて、
そこに掛かる手間と、調理器具の始末に費やす時間をカットし、
一時間以内に作れるレシピにしてみました。

③の工程では、オーブンで40分焼きますので、
その間に、別レシピの準備ができるという計算です。

まず、①から始めましょう。

クッキングシートを敷き込みます

パイ皿の中に、丸く切ったクッキングシートを敷きます。

生地の準備をする前に、オーブンの予熱をしておきましょう。
設定温度は、180度です。

生地の材料

そして、パイ生地の材料は、以下の通りです。

・全粒薄力粉 250g
・水 100cc
・なたねサラダ油 50cc
・塩 少々

生地の粉は、ソバ粉や雑穀粉、玄米粉も使えます。

パイ生地に穴を開けます

これを練ったものを、パイ皿の上で生地に整形し、
底面にフォークで穴を開けます。

生地を10分間、空焼きします

ここまでの時間で、
オーブンの予熱も準備できているはずですので、
10分間、空焼きします。

キノコに火を通します

今回の具材は、キノコとトマトにしました。

キノコは蒸すのではなく、
中華鍋で乾煎りしたあと、料理酒を吸わせ、
余分な水分はクッキングペーパーで拭き取って下さい。

この、キノコを調理した中華鍋を
このあと、ボウル代わりにして、時短するためです。

キッシュの具を混ぜ込みます

キッシュの具材には、
豆腐400g、ナッツ50g、塩小さじ1を
フードプロセッサで攪拌したものを中華鍋に入れ、

最後に、ぶつ切りのトマト200gを入れて混ぜ込みます。

具材をパイ生地に入れ…

具材をパイ生地に入れ、

40分間焼きます

パイの表面を整形したら、180度で40分焼きます。

この40分の間に、他のレシピも作れますよね。
僕はこの時、サラダと味噌汁、漬物を用意しました。

焼き上がると、こんな感じです

焼き上がると、こんな感じです。

パイ生地のザクザク感の楽しい、
純菜食キッシュが完成しました。

食べ易い大きさに切って、お楽しみ下さい。

食べ易い大きさに切って、お召し上がりください

自家製食パンのコスト

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

沖縄のイオン系列のスーパーマーケットに出向くと、
食パン一斤が、税込128円で購入できます。

原材料は、以下の通りです。

食品衛生法に則り、使用量の多い順に
リストアップされています。

・小麦粉
・ぶどう糖果糖液糖
・ショートニング
・イースト
・砂糖
・食塩
・脱脂粉乳
・発酵風味料(小麦・乳成分を含む)
・乳化剤(乳成分を含む)
・酢酸ナトリウム(乳成分を含む)
・イーストフード(小麦を含む)
・ビタミンC

当然、この128円の中には、製造コストとして、
数億円はするであろう製パン設備の減価償却費も、
製パン、物流、販売等に関わる人件費も含まれているワケで、

となると、一体この価格の中で、
原材料費の締める金額は、幾らなんでしょうか。

善意に見積もって、
半額が原材料費に費やされているとして、

例えば、もっとも多く使うであろう小麦粉が、
さらにその半分のコストとして逆計算してみると、

1キロ当たり100円前後の小麦粉が、
使われていることになります。

家庭用に販売されている、日清製粉の強力粉が、
1キロで300円台後半ですので、

一斤128円の食パンに使われている小麦粉の正体を、
知るのが恐ろしくなりますよね。

ですが、以前の僕は、そんな実情も知らないし、
何も気にせず購入し、気に入って食べていました。

そして不思議なことに、このイオンの食パンは、
常温でも結構な長期間、保存が効きます。

一方、わが家でパンを焼く際の
原材料は、以下の通りです。

こちらも、使用量順に並べてみました。

・国産有機強力粉
・国産有機全粒粉
・有機メープルシロップ
・白神こだま酵母ドライ
・天然塩

この材料を使って、パン一斤分のコストを計算すると、
材料費だけで、税込272.81円掛かります。

厳密には、パン以外でも利用する天然塩と、
メープルシロップは計算外としていますので、
実際には300円近く掛かります。

また、この価格には、僕の人件費も、
そして製パン機の減価償却費も含まれません。

もちろん、保存料が入っていませんから、
常温管理できる時間は、せいぜい一日です。

同じパンでも、市販品と自家製では、
これだけの差があります。

わが家における認識では、自家製パンは贅沢品ですので、
週に一回焼くかどうかですが、

一斤128円での販売が、
実際に可能であるという背景には、

以前の僕のように、何の疑いもなく、
毎日食べている方が、沢山いらっしゃることを意味しています。

知らない方が幸せでしょうか。

それとも、知った上で、
自身で選択できる暮らしが幸せでしょうか。

天然酵母を発酵中

35度の湯煎で、天然酵母を発酵させます。
発酵が進むと、台所が酵母の香りでいっぱいになります。

自家製パンが焼き上がりました

焼き上がった自家製パンです。
長女猫のチアも、大好きです。

●1.5斤仕様の自家製パンレシピ

水 240cc
メープルシロップ 12cc
強力粉 300g
全粒粉 120g
塩 6.8g
酵母 8g
ぬるま湯 24g

占星術を始めます

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

以前、エドガー・ケイシーの影響で、
インド占星術を勉強した時期がありました。

素晴らしい鑑定術なのですが、解釈が多様難解で、
最終的にはインドに行かなければ、
理解できそうもないため断念しました。

ところが最近、ある縁から、西洋占星術に出会い、
そのシンプルさと、素晴らしさに感動したのです。

僕の場合、何をするにも独学ですが、
最初にきっかけを作ってくれた本はこちらです。

そして、図書館で出会い、
奥の深さを教えてくれた本がこちら…。

さらに、現在勉強中の本がこの2冊です。

この本は、本というより、
ホロスコープ作成ソフトの説明本です。
※WindowsXP以前で正常に動作します

途中で断念したとは言え、
予めインド占星術で、頭を準備していたせいか、
知識がどんどん定着して行くのが判ります。

正式なメニューとしては、年明けから始める予定です。

フラワーエッセンス調合サービスや、
カウンセリング・セラピーのプラスアルファとして、
ご提供したいと思っています。

ちなみに、この占星術では、
生まれた時刻と住所まで必要ですので、
希望される方は、母子手帳で調べておいて下さいね(笑)

マヤ暦も、占星術も、地球外生命たちからのギフトであり、
三次元の僕たちの叡智を、遥かに越えたものです。

生まれた時の星の運行状態が、
僕たちに与えたメッセージを解読し、

それを、人生に活かすことができるのですから、
利用しない手はありませんよね。

ミロク世に向かおうとしている、この時期に、
こんな素晴らしいツールに出会えた必然に感謝し、
学びを深めたいと思います。

シンプルな純菜食出汁

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕の日常は、純菜食生活ですので、
例え出汁であっても、動物性の素材は使いません。

僕にとっての純菜食生活は、
健康志向やファッションとは無関係で、

全生命のワンネスを願っての生活であり、
そのついでに、
健康や若さを享受できているだけのことです。

ちなみに、今朝の身体年齢は27歳でした。
実年齢の半分以下です。
\(^-^)/

仕上げに、この数年で減った頭髪を再生させるべく、
引き寄せの法則を実践中です。

来年の春には、フサフサになっているはずですよ。
(^-^)v

そんなワケで、出汁どころか、
衣食住のすべてがそうで、

動物を殺めなければならないものは、
僕の生活の中には存在しません。

極端な生き方だと良く言われますが、
本人は限りなくニュートラルな状態です。

逆に、僕からすれば…、

生きるために、動物を殺めねばならない暮らしの方が、
物凄く極端な生き方に感じます。

例えば、今日ご紹介する、
シンプルな純菜食出汁に慣れると、

食堂などの換気口から漂ってくる出汁の香りが、
生臭く感じるようになります。

実際、死んだ魚や動物が使われているんですから、
本来、異臭のはずなのですが、

動物を平気で食べる食文化の中にいると、
そうした事実に麻痺してしまい、

逆に、そんな異臭を、
美味しそうな香りと感じてしまうのです。

社会が普通とする、動物たちの犠牲の上に立つ生き方と、
僕の実践する、愛を基本としたシンプルな生き方と、
どちらが自然なんでしょう。

さて、今日は出汁の摂り方です。
呆気ないくらい簡単です。

水出汁

写真は、900ml蓋付きタッパーですが、
これはわが家の水出汁専用タッパーです。

2~3人分の味噌汁の出汁であれば、
このサイズは重宝です。

ここに、乾燥椎茸と乾燥昆布を入れ、
ミネラルウォータを必要なだけはって、
2時間待つだけです。

3時間以上放置すると、
アクが強くなって不味くなりますので、

間違っても、一昼夜置いたりしないで下さい。

味噌汁を作るときは、
椎茸も昆布も小さく切って具にします。

また、もっと簡単な方法もあります。
醤油2に対して、醤油麹1を使う方法です。

これは、味噌汁ではなく、吸い物で活用します。

発酵した米麹の甘みが、
丁度良い出汁になってくれます。

究極に簡単な出汁もあって、
醤油をミネラルウォータで割る、ただそれだけでも、
素材次第では美味しいです。

例えば、冷し蕎麦、冷麦などが、その代表です。
淡白な素材には、これで十分です。

本物の醤油は、きちんと醸造されてますから、
旨み成分が発酵工程でしっかり出るからなんです。

ですから、醤油だけ、
味噌だけ…みたいな使い方をしても、
全く問題ありません。

ちなみに、わが家では、
こちらの味噌と醤油を、通販で購入し愛用中です。

ぜひ、お試し下さい。

島ゴボウとカレースパイス

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

突然ですが、まず、島ゴボウの画像をご覧下さい。
内地の方には、かなり新鮮な写真ではないでしょうか。

島ゴボウ

僕も、島ゴボウと初めて出会ったときには、
その無骨な感じに驚きました。

沖縄は土壌の特徴で、
大根やゴボウがまっすぐ伸びません。

味は濃くて美味しいんですが、
見た目がこの通りですので、
正月料理などでは、あまり使われないようです。

わが家におけるゴボウ料理の多くは、
かつて「おきなわいちば」でもご紹介した、

山椒を効かせた醤油煮、
もしくは醤油麹和えが主流ですが、

同じスパイシーさを、
カレーで出してみようと思い立ちました。

ゴボウはタワシを使って、丁寧に土を落とします。

わが家には、ゴボウ専用のタワシがあって、
時間をかけて優しく土を落とします。

土を落としたゴボウは、2センチ長で筒切りにしたあと、
太い部位は縦半分に割って下茹でします。

下茹では、中火で5分で十分です。

干しシイタケと昆布で取った出汁をはり、
下茹でしたゴボウを煮ます。

今日は玉ねぎが切れていたので、
有機栽培のジャガイモをお供にしました。

ジャガイモの表面をスポンジで水洗いし、
芽の部分のみピーラーで取り除いて、
一口大に切って、一緒に煮込みます。

ちなみに、ゴボウもジャガイモも、
皮の部分に栄養価がぎっしりつまっていますので、
剥いたりしては意味がありません。

有機ジャガイモ

塩加減は、ニンニク醤油を使います。
この量なら、大さじ4~5です。

ジャガイモに火が通れば完成ですので、
九割方火が通ったら、カレーとしての仕上げを始めます。

カレー粉を大さじ1入れ、
トロミ付けにいは、オートミールを活用します。

アツアツより、少し冷めてからの方が、
僕は美味しいと思います。

一番美味しいのは、常温まで完全に冷ましてから、
再度一度温め、食べ易い温度まで冷ますと完璧ですが、

なかなか、家族は待ってくれません。

ゴボウと山椒の組み合わせは、
まるでソウルメイトか!?ぐらいの、抜群の相性ですが、

カレーの複雑なスパイス具合とも、
なかなかの組み合わせでした。

明日は、今回のカレーにも使った、
とっても簡単な出汁の作り方をご紹介します。

発酵発芽玄米、文句無く旨いけど…

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

このブログを訪問される方は、
きっと玄米ファンの方も多いと思います。

そして、今日のテーマの発酵発芽玄米の体験者や、
それどころか、毎日食べてる方もいらっしゃるでしょう。

絶賛する著名人も、多いようですね。

消化吸収の良さ、
栄養価の高さも本物です。

僕は、今年の9月に初体験し、
その美味さに度胆を抜かれましたが、

それよりも、

その作り方を聞いて、
耳を疑ってしまいました。

温度管理をして発芽させた玄米を、
高圧で炊いて、
さらには、数日間保温をし続ける、

…というじゃないですか!

タイトルの通り、文句なく美味しいし、
簡単ならば作ってみたいのですが、

どんなに美味しくても、
エネルギーの使い過ぎだと思うんです。

どれだけ、電気代が掛かるか、
想像するだけで、気持ちが冷めてしまいます。

そして、こうまでされる調理法を、
玄米は望んでるんでしょうか。

そこが判らないんです。

間違い無く言えるのは、
明らかに不自然だってことです。

発芽から炊飯、そして保温までを
すべて自動で行う炊飯器も発売されていて、
しかも、決して安い買い物でもないようですし、

僕は、この点が引っ掛かっているので、
購入意欲はゼロなんですが、

あなたは、どう思われますか。

美味しければイイッ!
…て、問題じゃ、無い気がします。

地下資源をエネルギー源とする世界が崩壊し、
フリーエネルギー時代がやって来ると確信していますが、

そうなれば、空気中の宇宙エネルギーが、
無尽蔵に使えるようになりますので、

こんな迷いも無くなってしまうんでしょうね。

って、ことは、
そんな明るい未来が、近付いて来た徴候とも、

この発酵発芽玄米問題を、
捉えることができそうです。

ホウレンソウの生食

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は定休日だと言うのに、
早朝から、双子猫のオシッコ騒動で起こされました。

(*_*)

洗濯も終え、ヤレヤレです。

さて、今日はお約束通り、
ホウレンソウの生食レシピをご紹介します。

有機無農薬栽培のホウレンソウが手に入ったら、
ぜひ作って食べてみて下さい。

アクを消すのではなく、
その特徴を活かす食べ方です。

ホウレンソウのアクの正体は、シュウ酸ですが、
これを物質的に捉えると、
摂取によって体内に結石を生むと言われています。

しかし、これは無機質なシュウ酸が成す問題であって、
有機状態の生野菜においては、
他の酵素などと相まって、人体を活性化させます。

現代栄養学の大きな間違いは、
すべての食物栄養素を無機質として捉え、
さらには、酸やアルカリ、陰陽も無視していることです。

そんなバカなと思われる方も、
一度、今日のレシピでホウレンソウを食べてみて下さい。

こんなに美味しいものが、
身体に悪いワケがないということを体感されるでしょう。

だからと言って、難しい段取りはありません。

日頃から、ニンニク醤油や出汁醤油、
そして、塩麹や醤油麹を仕込んでおくだけで、
簡単に作るコトができます。

今日のレシピでは、ニンニク醤油を使います。
沖縄には島ニンニクという、粒の小さな品種があり、
僕は旬の時期(四月前後)に買い込んで、醤油に漬けておきます。

2枚目の写真の右手奥がニンニク醤油です

ホウレンソウを水洗いしたら、
葉っぱ一枚ずつ、丁寧に水気を切って下さい。

この作業が一番手間ですが、
手を抜けば味も半減してしまいます。

ホウレンソウは株元から切り分けるだけで、
葉を切る必要はありません。

切り分けたホウレンソウをビニル袋に入れ、
ここにニンニク醤油を、この量なら大さじ1入れ、
全体に馴染むように、良く揉んで下さい。

そして、荏胡麻油を大さじ1/2入れ、
もう一度、全体に馴染むように揉みます。

ニンニク醤油と荏胡麻油を入れてから揉むのではなく、
醤油を入れて、まず良く揉み、
次に荏胡麻油を入れて、軽く揉みます。

荏胡麻油の代わりに、白胡麻油でもイイです。

普通の胡麻油でもイイんですが、
シュウ酸を旨みとして味わうには、
胡麻油では風味がきつ過ぎます。

ビニル袋の空気抜いて口を閉じ、
半日から1日寝かせてから、お召し上がり下さい。

ホウレンソウって、
こんなに円やかだったんだと気付かれるでしょう。

ホウレンソウといえば、普通はおひたしですが、
醤油の味しか、しなかったりしますよね。

この調理法だと、ホウレンソウの味が、
しっかり味わえます。

なお、柑橘系のもの、
例えばレモン汁などを加えると、

シュウ酸のエグミの輪郭が際立ちますので避けて下さい。

この遣り方は、非常に融通の利く方法で、
特に薬草系葉野菜の多い沖縄では、他の野菜でも活用できます。

近いうちに、ツルムラサキを、
生食で、しかも美味しく頂く方法をご紹介します。

有機ホウレンソウ生食のための仕込みできました!

三日目から旨い大根の醤油漬け

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

台風20号が発生し、
季節感を無茶苦茶にしてくれていますが、

大根の美味しい季節が、沖縄にもやって来ました。

わが家の大根料理と言えば、
大根の煮物か蒸し煮、
そして、今日ご紹介する醤油漬けが冬の定番です。

煮物と蒸し煮の、その使い分けは、
大きな大根は前者、味の濃い小ぶりな大根は断然後者です。

今回手に入れた北海道産の有機大根は、
小ぶりの良品でしが、
醤油漬けにして、常備菜として仕込むことにしました。

作り方は至って簡単で、
小さく刻み込んで、良質な醤油に漬けるだけです。

とにかく淡々と、
一辺が4ミリ弱の小口切りにして行きます。

写真のタッパーは、実はこの常備菜専用のタッパーで、
冬の間中、ずっと活躍し続けます。

醤油に漬けるときも、少な目の醤油を心掛け、

間違っても、醤油の中に大根が、
浮いているような状態にはしないことです。

今回の場合は、100cc弱で十分でした。

醤油を注いだら、木製の匙で優しく攪拌し、
全体に醤油が行き渡るようにします。

しばらく攪拌していると、
二枚目の写真のように、

大根が醤油にヒタヒタに漬かったような状態になれば、
無駄のないベストな醤油量だったことになります。

漬けて数時間もすれば食べられますが、
やはり、三日目くらいからが、
味も落ち着き、美味しく頂けます。

玄米飯のお供、島豆腐やサラダのトッピング、
生春巻きに入れても美味しいです。

減って来たら、新しい大根を足して、
また三日待って利用するようにしています。

このやり方だと、段々と醤油が薄まりますので、
漬け醤油だけを、別の料理で使いながら、
新しい醤油を加えるようにします。

漬け醤油の使い方として、お勧めは吸い物です。

水で割っただけでも、
美味しい大根風味の吸い物になりますので、

ワカメやとろろ昆布、ネギをちらして、
お召し上がりください。

醤油漬けの仕込み漬け込みました