自家製食パンのコスト

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

沖縄のイオン系列のスーパーマーケットに出向くと、
食パン一斤が、税込128円で購入できます。

原材料は、以下の通りです。

食品衛生法に則り、使用量の多い順に
リストアップされています。

・小麦粉
・ぶどう糖果糖液糖
・ショートニング
・イースト
・砂糖
・食塩
・脱脂粉乳
・発酵風味料(小麦・乳成分を含む)
・乳化剤(乳成分を含む)
・酢酸ナトリウム(乳成分を含む)
・イーストフード(小麦を含む)
・ビタミンC

当然、この128円の中には、製造コストとして、
数億円はするであろう製パン設備の減価償却費も、
製パン、物流、販売等に関わる人件費も含まれているワケで、

となると、一体この価格の中で、
原材料費の締める金額は、幾らなんでしょうか。

善意に見積もって、
半額が原材料費に費やされているとして、

例えば、もっとも多く使うであろう小麦粉が、
さらにその半分のコストとして逆計算してみると、

1キロ当たり100円前後の小麦粉が、
使われていることになります。

家庭用に販売されている、日清製粉の強力粉が、
1キロで300円台後半ですので、

一斤128円の食パンに使われている小麦粉の正体を、
知るのが恐ろしくなりますよね。

ですが、以前の僕は、そんな実情も知らないし、
何も気にせず購入し、気に入って食べていました。

そして不思議なことに、このイオンの食パンは、
常温でも結構な長期間、保存が効きます。

一方、わが家でパンを焼く際の
原材料は、以下の通りです。

こちらも、使用量順に並べてみました。

・国産有機強力粉
・国産有機全粒粉
・有機メープルシロップ
・白神こだま酵母ドライ
・天然塩

この材料を使って、パン一斤分のコストを計算すると、
材料費だけで、税込272.81円掛かります。

厳密には、パン以外でも利用する天然塩と、
メープルシロップは計算外としていますので、
実際には300円近く掛かります。

また、この価格には、僕の人件費も、
そして製パン機の減価償却費も含まれません。

もちろん、保存料が入っていませんから、
常温管理できる時間は、せいぜい一日です。

同じパンでも、市販品と自家製では、
これだけの差があります。

わが家における認識では、自家製パンは贅沢品ですので、
週に一回焼くかどうかですが、

一斤128円での販売が、
実際に可能であるという背景には、

以前の僕のように、何の疑いもなく、
毎日食べている方が、沢山いらっしゃることを意味しています。

知らない方が幸せでしょうか。

それとも、知った上で、
自身で選択できる暮らしが幸せでしょうか。

35度の湯煎で、天然酵母を発酵させます。
発酵が進むと、台所が酵母の香りでいっぱいになります。

焼き上がった自家製パンです。
長女猫のチアも、大好きです。

●1.5斤仕様の自家製パンレシピ

水 240cc
メープルシロップ 12cc
強力粉 300g
全粒粉 120g
塩 6.8g
酵母 8g
ぬるま湯 24g

シンプルな純菜食出汁

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕の日常は、純菜食生活ですので、
例え出汁であっても、動物性の素材は使いません。

僕にとっての純菜食生活は、
健康志向やファッションとは無関係で、

全生命のワンネスを願っての生活であり、
そのついでに、
健康や若さを享受できているだけのことです。

ちなみに、今朝の身体年齢は27歳でした。
実年齢の半分以下です。
\(^-^)/

仕上げに、この数年で減った頭髪を再生させるべく、
引き寄せの法則を実践中です。

来年の春には、フサフサになっているはずですよ。
(^-^)v

そんなワケで、出汁どころか、
衣食住のすべてがそうで、

動物を殺めなければならないものは、
僕の生活の中には存在しません。

極端な生き方だと良く言われますが、
本人は限りなくニュートラルな状態です。

逆に、僕からすれば…、

生きるために、動物を殺めねばならない暮らしの方が、
物凄く極端な生き方に感じます。

例えば、今日ご紹介する、
シンプルな純菜食出汁に慣れると、

食堂などの換気口から漂ってくる出汁の香りが、
生臭く感じるようになります。

実際、死んだ魚や動物が使われているんですから、
本来、異臭のはずなのですが、

動物を平気で食べる食文化の中にいると、
そうした事実に麻痺してしまい、

逆に、そんな異臭を、
美味しそうな香りと感じてしまうのです。

社会が普通とする、動物たちの犠牲の上に立つ生き方と、
僕の実践する、愛を基本としたシンプルな生き方と、
どちらが自然なんでしょう。

さて、今日は出汁の摂り方です。
呆気ないくらい簡単です。

写真は、900ml蓋付きタッパーですが、
これはわが家の水出汁専用タッパーです。

2~3人分の味噌汁の出汁であれば、
このサイズは重宝です。

ここに、乾燥椎茸と乾燥昆布を入れ、
ミネラルウォータを必要なだけはって、
3時間ほど常温で待つだけです。

味噌汁を作るときは、
椎茸も昆布も小さく切って具にします。

また、もっと簡単な方法もあります。
醤油2に対して、醤油麹1を使う方法です。

これは、味噌汁ではなく、吸い物で活用します。

発酵した米麹の甘みが、
丁度良い出汁になってくれます。

究極に簡単な出汁もあって、
醤油をミネラルウォータで割る、ただそれだけでも、
素材次第では美味しいです。

例えば、冷し蕎麦、冷麦などが、その代表です。
淡白な素材には、これで十分です。

本物の醤油は、きちんと醸造されてますから、
旨み成分が発酵工程でしっかり出るからなんです。

ですから、醤油だけ、
味噌だけ…みたいな使い方をしても、
全く問題ありません。

ぜひ、お試し下さい。

島ゴボウとカレースパイス

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

突然ですが、まず、島ゴボウの画像をご覧下さい。
内地の方には、かなり新鮮な写真ではないでしょうか。

僕も、島ゴボウと初めて出会ったときには、
その無骨な感じに驚きました。

沖縄は土壌の特徴で、
大根やゴボウがまっすぐ伸びません。

味は濃くて美味しいんですが、
見た目がこの通りですので、
正月料理などでは、あまり使われないようです。

わが家におけるゴボウ料理の多くは、
かつて「おきなわいちば」でもご紹介した、

山椒を効かせた醤油煮、
もしくは醤油麹和えが主流ですが、

同じスパイシーさを、
カレーで出してみようと思い立ちました。

ゴボウはタワシを使って、丁寧に土を落とします。

わが家には、ゴボウ専用のタワシがあって、
時間をかけて優しく土を落とします。

土を落としたゴボウは、2センチ長で筒切りにしたあと、
太い部位は縦半分に割って下茹でします。

下茹では、中火で5分で十分です。

干しシイタケと昆布で取った出汁をはり、
下茹でしたゴボウを煮ます。

今日は玉ねぎが切れていたので、
有機栽培のジャガイモをお供にしました。

ジャガイモの表面をスポンジで水洗いし、
芽の部分のみピーラーで取り除いて、
一口大に切って、一緒に煮込みます。

ちなみに、ゴボウもジャガイモも、
皮の部分に栄養価がぎっしりつまっていますので、
剥いたりしては意味がありません。

塩加減は、ニンニク醤油を使います。
この量なら、大さじ4~5です。

ジャガイモに火が通れば完成ですので、
九割方火が通ったら、カレーとしての仕上げを始めます。

カレー粉を大さじ1入れ、
トロミ付けにいは、オートミールを活用します。

アツアツより、少し冷めてからの方が、
僕は美味しいと思います。

一番美味しいのは、常温まで完全に冷ましてから、
再度一度温め、食べ易い温度まで冷ますと完璧ですが、

なかなか、家族は待ってくれません。

ゴボウと山椒の組み合わせは、
まるでソウルメイトか!ぐらいの、抜群の相性ですが、

カレーの複雑なスパイス具合とも、
なかなかの組み合わせでした。

明日は、今回のカレーにも使った、
とっても簡単な出汁の作り方をご紹介します。

ホウレンソウの生食

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ホウレンソウの生食レシピをご紹介します。

有機無農薬栽培のホウレンソウが手に入ったら、
ぜひ作って食べてみて下さい。

アクを消すのではなく、
その特徴を活かす食べ方です。

ホウレンソウのアクの正体は、シュウ酸ですが、
これを物質的に捉えると、
摂取によって体内に結石を生むと言われています。

しかし、これは無機質なシュウ酸が成す問題であって、
有機状態の生野菜においては、
他の酵素などと相まって、人体を活性化させます。

現代栄養学の大きな間違いは、
すべての食物栄養素を無機質として捉え、
さらには、酸やアルカリ、陰陽も無視していることです。

そんなバカなと思われる方も、
一度、今日のレシピでホウレンソウを食べてみて下さい。

こんなに美味しいものが、
身体に悪いワケがないということを体感されるでしょう。

だからと言って、難しい段取りはありません。

日頃から、ニンニク醤油や出汁醤油、
そして、塩麹や醤油麹を仕込んでおくだけで、
簡単に作るコトができます。

今日のレシピでは、ニンニク醤油を使います。
沖縄には島ニンニクという、粒の小さな品種があり、
僕は旬の時期(四月前後)に買い込んで、醤油に漬けておきます。

2枚目の写真の右手奥がニンニク醤油です

ホウレンソウを水洗いしたら、
葉っぱ一枚ずつ、丁寧に水気を切って下さい。

この作業が一番手間ですが、
手を抜けば味も半減してしまいます。

ホウレンソウは株元から切り分けるだけで、
葉を切る必要はありません。

切り分けたホウレンソウをビニル袋に入れ、
ここにニンニク醤油を、この量なら大さじ1入れ、
全体に馴染むように、良く揉んで下さい。

そして、荏胡麻油を大さじ1/2入れ、
もう一度、全体に馴染むように揉みます。

ニンニク醤油と荏胡麻油を入れてから揉むのではなく、
醤油を入れて、まず良く揉み、
次に荏胡麻油を入れて、軽く揉みます。

荏胡麻油の代わりに、白胡麻油でもイイです。

普通の胡麻油でもイイんですが、
シュウ酸を旨みとして味わうには、
胡麻油では風味がきつ過ぎます。

ビニル袋の空気抜いて口を閉じ、
半日から1日寝かせてから、お召し上がり下さい。

ホウレンソウって、
こんなに円やかだったんだと気付かれるでしょう。

ホウレンソウといえば、普通はおひたしですが、
醤油の味しか、しなかったりしますよね。

この調理法だと、ホウレンソウの味が、
しっかり味わえます。

なお、柑橘系のもの、
例えばレモン汁などを加えると、

シュウ酸のエグミの輪郭が際立ちますので避けて下さい。

この遣り方は、非常に融通の利く方法で、
特に薬草系葉野菜の多い沖縄では、
他の野菜でも活用できます。

三日目から旨い大根の醤油漬け

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

台風20号が発生し、
季節感を無茶苦茶にしてくれていますが、

大根の美味しい季節が、沖縄にもやって来ました。

わが家の大根料理と言えば、
大根の煮物か蒸し煮、
そして、今日ご紹介する醤油漬けが冬の定番です。

煮物と蒸し煮の、その使い分けは、
大きな大根は前者、味の濃い小ぶりな大根は断然後者です。

今回手に入れた北海道産の有機大根は、
小ぶりの良品でしが、
醤油漬けにして、常備菜として仕込むことにしました。

作り方は至って簡単で、
小さく刻み込んで、良質な醤油に漬けるだけです。

とにかく淡々と、
一辺が4ミリ弱の小口切りにして行きます。

写真のタッパーは、実はこの常備菜専用のタッパーで、
冬の間中、ずっと活躍し続けます。

醤油に漬けるときも、少な目の醤油を心掛け、

間違っても、醤油の中に大根が、
浮いているような状態にはしないことです。

今回の場合は、100cc弱で十分でした。

醤油を注いだら、木製の匙で優しく攪拌し、
全体に醤油が行き渡るようにします。

しばらく攪拌していると、
二枚目の写真のように、

大根が醤油にヒタヒタに漬かったような状態になれば、
無駄のないベストな醤油量だったことになります。

漬けて数時間もすれば食べられますが、
やはり、三日目くらいからが、
味も落ち着き、美味しく頂けます。

玄米飯のお供、島豆腐やサラダのトッピング、
生春巻きに入れても美味しいです。

減って来たら、新しい大根を足して、
また三日待って利用するようにしています。

このやり方だと、段々と醤油が薄まりますので、
漬け醤油だけを、別の料理で使いながら、
新しい醤油を加えるようにします。

漬け醤油の使い方として、お勧めは吸い物です。

水で割っただけでも、
美味しい大根風味の吸い物になりますので、

ワカメやとろろ昆布、ネギをちらして、
お召し上がりください。

今年最後の夏定番パスタ

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

日中の陽射しは随分和らぎましたが、
ここ沖縄では、つい最近まで、
お昼前後は真夏日和でした。

僕の大好きなスイートバジルの収穫も、
もう最後の最後でしょう。

今日は、そんなスイートバジルを使った、
夏の定番パスタを、ジェノベーゼをご紹介します。

ペペロンチーノ、ナスとトマトのソースに並ぶ、
わが家では良く食卓に上るパスタです。

以下は、ジェノベソースの一人前の分量です。

・無塩カシュ―ナッツ…40g
・にんにく…一片
・スイートバジル…20g
・天然塩…小さじ1/2
・オリーブオイル…大さじ2

この材料を見て、あれっ?と思った方は、
料理好きの方ですね。

一般的なジェノベーゼは、
カシュ―ナッツではなく、松の実を使います。

松の実で作ると、確かに美味しいんですが、
値段が張るので、わが家では使いません。

そんな松の実の代用とは言え、
今日ご紹介するカシュ―ナッツも、
軽く炒ることで、甘く香ばしい風味が引き立ちます。

炒ったナッツと一緒に、
上記の全量をフードプロセッサに入れ、
しっかり攪拌すれば、ソースは出来上がりです。

ちなみに、オリーブオイルの量は最小限ですので、
ナッツやバジルの絡み具合を見ながら、
必要に応じて後から足して下さい。

茹でたパスタを大き目のボウルで受け、
その中でジェノベソースを絡め、
お気に入りの皿に盛り付けたら完成です。

バジルの葉を一枚トッピングすると可愛いんですが、
今回は、全部ソースにしちゃいました(笑)

また、今回は普通のパスタ麺で作りましたが、
前回は、金時豆とショートパスタで作りました。

スイートバジルの代わりに、
レモンバジルで作っても美味しかったです。

今年最後のジェノベーゼも、とても美味でした。
来年の夏が、恋しいなぁ。

野菜売場に嬉しい異変

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、良いニュースです!

最近、スーパーマーケットの野菜売場に、
嬉しい異変が起きています。

写真は、僕がちょくちょく利用する、
サンエーというスーパーマーケットの、
ハンビータウン店の有機野菜売場です。

こうした売場で、写真を撮ったことの無い僕は、
ドキドキしながらシャッターを切りました。

僕の場合、Nexus7という大きめのタブレットPCですので、
写真を撮影すると、目立つの何の…(*_*)

以前は、この右手三分の一のスペースに、
あったり、無かったりしたのですが、

見て下さい、この充実ぶり!

この反対側では、有機バナナも販売していました。

あんまり嬉しかったもので、
ホウレンソウと大根、スイートバジル、
そしてバナナを購入させて頂きました。

有機農家を応援するなら、
購入こそが最高の支援となりますからね。

この嬉しい変化を、野菜売場だけでなく、
乾物売場でも発見し、

今までは中国産ばかりだったワカメが、
国産商品におされ気味になっているのです。

ちなみに、サンエーの他店では、
こうした状況は起こっておらず、

僕が近場で確認した限りでは、
このハンビータウン店だけに、
その変化は起こっているようです。

サンエーも、波動が上がってるんですね。

多くの皆さんが、こうした流れを受け容れ、
ドンドン、良い世界に変って行くとイイですね。

帰宅後、大根は3ミリ角に刻んで醤油漬けにし、
バジルは、昨晩、ジェノベーゼ・パスタにしして頂きました。

そして、最後となるホウレンソウは、
今夜、生食で頂きます。

サラダ用ホウレンソウでなくても、
エグミもなく生食できるってご存知ですか?

わが家流のジェノベーゼ・レシピは明日、

そして、大根の醤油漬けについては明後日、

ホウレンソウの生食については、
さらにその翌日に、投稿させて頂きます。

Scroll to top