1秒の神秘

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

僕たちの身体は、
60兆の細胞から構成されています。

たった一つだった卵細胞が分裂し、
これだけの数になるのです。

こうした「数」に対して、
漠然としたイメージしか抱けないモノですが、

具体的に算出してみたコトはありますか?

そして、もう一点、
こうした細胞分裂によって、

身体の全細胞が90日で一新されるという事実も、
一緒に考察してみましょう。

つまり、一体どれくらいの速さで、
細胞分裂が起こっているのか、

例えば、1秒間では、
どれだけの数が分裂して生まれ変わるのか、
考えてみましょう。

1分間は60秒、1時間は60分、
そして1日は24時間ですので、

1日という時間の単位は、
60×60×24で、
8万6400秒に相当します。

身体中の細胞が生まれ変わる90日とは、
その90倍を意味しますので、

8万6400×90で、
777万6千秒に相当します。

ゆえに、60兆の細胞を、
777万6千秒で作り直すための速度は、
60兆÷777万6千で計算できますので、

答えは、毎秒771万6049個と算出されます。

これは、物凄い数です。

数百万もの細胞が、
アッという間に生まれ変わっているのです。

身体の主である僕たちが、ボウっとしている間に、
この再生は繰り返されています。

しかも、複雑なDNA配列を一切間違えるコトなく、
淡々と確実に、休まず続けているのです。

それだけじゃ、ありません。

その細胞分裂を損傷させようとする、
放射線の影響から蘇生プロセスを守り、

身体表面にある無数の穴から入り込もうとする、
環境毒性物質やウイルスとも闘い、

何かに躓いて摩耗損傷が起これば、それを修復し、

偏った生活習慣や、緊張や不安、
そして加齢のリスクとも闘い、

常に奇跡的な勝利を、
毎秒毎秒、勝ち取り続けているのです。

こうした善戦を、
奇跡の身体の持ち主である僕たち自身が、
感謝を忘れて生き続けて良いのでしょうか。

「自分を大切にする」という言葉の真意を、
そろそろ、本気で噛み締めてみましょう。

毎秒数百万の細胞蘇生を、
確実に可能にする神秘の小宇宙を、

僕たちは例外無く、携えているのです。