座る動物

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

現代人は、椅子に座る時間が、
どうしても長くなります。

しかし、そうした座った姿勢を
気にする人は殆どいません。

野生動物の世界を見渡せば判るコトですが、

アグラを掻いて地面に座る動物はいても、
椅子に座る動物はいません。

それだけ、椅子に座る生活は、
不自然だと言うことを意味しています。

そんなコトを言っても、
デスクワークが基本の社会生活を送る以上、
椅子と上手く付き合わねばなりません。

最近は、腰に良い椅子も、色々と販売されていますが、

自分の椅子をカスタマイズして、
できるコトから改善して参りましょう。

まず、座面は固めの方が良いようです。

背面の支えは、胸椎や肋骨を束縛させないために、
低めのモノが理想となります。

極論から言えば、背面は無くても構いません。

また、肘掛については、
立ち上がる際、腰を痛めない利点がありますが、

座りながら肘を掛けると、
脊椎の左右のバランスを悪くする場合が殆どです。

また、座った際に、
腰が膝より高くなるようにし、
さらに足の裏が床にフィットする高さにします。

こうすることで、
カンジンカナメの腰椎を守ることができます。

最後に、頭頂部が
天から紐で支えられているイメージで、
背筋を真っ直ぐにします。

これが、完璧な座位です。

もちろん、長時間の座位は、
どんなに理想的な姿勢でも無理がありますので、
時々立ち上がって、ストレッチをしましょう。

腰椎を痛めると、
自律神経のバランスを崩し、
その名の通り「腰の重い状態」になります。

副交感神経が優位になり易いので、
集中できず、消極的になり、眠気や空腹に襲われ、
痛みが増す等の症状に襲われます。

そして、この状態が座位だけでなく、
椅子から立っても、就寝しても続くことになります。

また、腰椎を痛めれば、猫背にもなり易くなり、
背中を丸めて胸椎をやられれば、
今度は、交感神経までバランスを崩します。

こうして、気分のムラが激しくなるのです。

もっと、積極的になって、
楽しい人生を送りたいのであれば、
座位に注意を払い、背筋を整えましょう。

無料です。