台風と副交感神経

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

お待たせしました。

今日からやっと、
営業日更新ブログに復帰します。

この2週間程は、
ひかりあめにとっても台風並みに
インパクトのある期間でしたので、

今朝の清清しさは、一入(ひとしお)です。

猛烈な台風16号も、
昨日の午後2時には暴風域から外れました。

予定より4時間も早く収束してくれたので、
今朝するはずだった後片付けも、
夕方までには終えました。

木造家屋は雨漏りに弱いため、
今回も眠れね夜となるはずでしたが、

前回の15号で雨漏りのコツを学んだ僕は、
暴風雨の中、3時間程度の睡眠を
2回も取ることができました。

快挙です。

またこれは、台風とは関係ありませんが、
5年間使ったパソコンが壊れ、
新しいPCを注文するハプニングもありましたが、

予め、次に使いたいマシンを決めていたので、
悩む事もなく、オーダーを終えることができました。

納品されるのは、月末以降のようですので、
自分自身への誕生日プレゼントとなりそうです。

それまでの2週間は、
施術の際に使っているミニノートPCで、
日々の業務をこなさねばなりませんが、

壊れたPCでしかできない会計業務が
しばらく溜まってしまうのは困ったものです。

さて、台風の引き起こす生理現象として、
気圧の低下がもたらす、
副交感神経優位の状態をご存知でしょうか。

台風が訪れると体調を崩す沖縄県民は、
ひかりあめ利用者の中にも沢山いらっしゃいますが、

これは、交感神経、副交感神経を含めた自律神経が
大気圧に連動し易いために起こるものであり、
病気というよりは、自然現象です。

(ジャニーズではありません)が来ると興奮する、
いわゆる交感神経優位な状態になる人もいますので、
もちろん、全部が全部に起こることではありません。

副交感神経が優位になると、
痛みが増し、熱が上がりますので、
体調が悪化したように感じます。

気管支も収縮しますので、
喘息を持つ人にとっては、発作の引き金にもなります。

これらは、実際には悪化ではなく、
過剰に反応してしまっている状態です。

食欲が増す(下痢もし易くなる)、眠くなる、
血圧が下がる、脈拍が減る、
集中できない、なども副交感神経が優位な状態です。

こうした状態になりがちの人は、
実は腰椎を痛めています。

少々、腰椎に問題があっても、
医学的には病気ではありませんので、
病院では何の処置もされません。

何となく不調な状態を訴えても、
原因不明と診断されることは多いモノですが、
このケースも、例外ではないはずです。

脊椎の問題も生活習慣の一部ですので、
当然、自分で治すしかありません。

日頃から姿勢を正すよう、心がけましょう。

ちなみに、9月から正式メニューとなった、
ひかりあめのオリジナルケアでは、

こうした問題も掘り下げ、
ご利用者にケアプランを作成いたします。