器用、不器用

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

先日、店頭でノートパソコンに向かって、
お客様の治療記録をタイプしていたところ、

それを見ていた高校生に、
こんなコトを言われました。

 ゆうすけさんて、
 パソコンのキーボードを
 器用に使いこなすんですねぇ。

 パソコン教室で習ったんですか?

僕は、昭和57年に
産業用ロボットの関連企業に入社し、

その時から、
コンピュータとの付き合いが始まりました。

まだ、パソコン教室なんて、
存在しなかった頃です。

当時の一番の悩みは、
キーボード配列に馴染めなかったコトでした。

もちろん、マウスなんてありませんから、
キーボードが操作できなければ、
何も仕事ができません。

タイプライターの経験のあった友人は、
キーボードのキーの並びに
違和感が無かったようでしたが、

そういう類のコトには、
まったく無頓着だった僕は、

意味不明のキーの並びを覚えるコトが、
苦痛で仕方なかったのです。

さらには、マニュアルは全て英語で、
使われている単語は、技術用語ばかりですから、

学校で習った知識ぐらいでは、
まったく歯が立ちませんでした。

ところが、そんな僕には、
ギターの経験がありました。

右手と左手の指先を規則的に動かす訓練を、
中学生の頃からしていたコトを思い出し、

キーボード配列を覚えようとするのではなく、
感覚的に手指の骨の動きを
身体に叩き込むコトにしたのです。

この発想の転換は大成功でした。

パソコン操作に使う英単語ベースのコマンドは、
せいぜい数十種類です。

ギターの和音やアルペジオのパターン数と、
大差ありません。

ですから、コマンド毎に、
キーボードを演奏しているつもりで、
手の形や指先の流れを、覚えて行ったのです。

この作戦は、大成功を収めました。

ある日突然、キーボード操作が上達した僕に、
先輩たちは驚きました。

まだまだ、余裕はありませんでしたが、
それからというもの、
あれだけ大きかったはずの悩みが、

跡形も無く消えたのです。

その十数年後だったでしょうか、
パソコンやタイプライターのキーボードには、
ホームポジションという手の基本形が存在し、

そこから、必要なキーに向かって
指を伸ばすという訓練方法があるコトを知りましたが、

完全に自己流でキーボードと向き合っていた僕には、
もはや「釈迦に説法」の世界でした。

確かに、こういった慣れの世界では、
器用とか、不器用という尺度が存在するかもしれません。

ですが、器用という才能が開花するワケではなく、
以前習得した何かが、
違う形に応用できるだけのコトであり、

それは、完全なる必然なのです。

地道に何かに取り組んでいると、
その知識や経験は、
まったく違う世界のモノとも融合を始めます。

そうやって、色々と学んだモノたちは、
習得の快感を知っているため、
さらに何かを得ようと精進を続けます。

ゼロの状態から何かを切り拓くコトは無いという真理を、
経験上知っているからです。