口は災いの元

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

もし、あなたが、
誰かを説得して、何かをしたいのなら、
今日のブログは肝に銘じて下さい。

今、自分が携えている意志や、思惑を、
表現という形で誰かに完全に伝えることは、
基本的に不可能です。

もちろん、伝えようとする本人は、
伝えるつもりでアウトプットしますし、

聞く側も、
聞くつもりでインプットするでしょう。

ところが、伝えようとするモノは主観的であるため、
仮に伝えたい人の言語力が完全な状態であっても、

その対象を100%、文字や言語ベースで
表現することなど、できるはずがありません。

例えばあなたが、宇宙人に出会ったとします。

そして、その姿の詳細を、
鮮明に、目に焼き付けたとしましょう。

興奮状態は間違いを生み易いので、
冷静になってから、その姿を誰かに伝えるとします。

ところが、

あなたの捉えた宇宙人のイメージとは違うモノが、
誰かに伝わってしまいます。

主観を数値化できませんので、
科学的評価は難しいですが、

どんなにうまく伝えることができたとしても、
それは全体の50%程度が限界です。

つまり、言語力の完璧な状態で、
適切な単語を駆使したメッセージであっても、

あなたの持っているモノは、
その半分しか、第三者には伝わりません。

しかも、それは最良の手段を講じた場合の話しです。

ビジュアルな情報を併用して、言葉で説明した場合の、
最良の伝達結果が50%なのです。

それだけ、僕たちは、
情報化できない曖昧な部分を、
主観の中に育んでいるのです。

こうした現実を知る人は少ないため、
多くの人が口だけで、相手を説得しようとします。

しかし、人間が情報を得ようとする場合、
視覚情報が8割を締めます。

つまり、聴覚情報だけによる説明では、
せいぜい2割程度しか、相手に届かないのです。

最善を尽くしても、
主観情報の5割しか第三者には届かないのに対し

それを言葉だけで説明しようモノなら、
その中の、さらに2割しか伝わりません。

つまり、完璧な言語能力を持つ場合でさえ、
あなたの主観全体のたった1割しか、
言葉だけでは相手に伝わらないのです。

昔から、「口は災いの元」と言われます。

実際、口論から大喧嘩に発展するコトは
珍しくありません。

誰も自分のコトを解ってくれない…と、
嘆く人は多いモノです。

でも、この事実を知れば、

自分の抱える主観を
誰かに解ってもらうというコトの大変さが
理解できるはずです。

つまり、誰かに、
自分を理解してもらう必要なんかありません。

あなたの思い描く通りに生きるコトが重要であり、
その結果を、今回の人生で遺せば良いだけなのです。

これは、親の子供に対する、干渉についても言えます。

子供にとって良かれと思って言ったコトでも、
あなたの助言は、子供に届いていません。

子供は首を縦に振ったとしても、
それは、あなたの主観を理解したサインでは無いのです。

自分を信じ、思い通りに生きるコト、
そして、誰も干渉しないコト、

この2つが、コミュニケーションというツールを持つ、
人間に課せられた基本ルールなのです。