手の極性

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

サトルエナジーアセスメントという手技において、
僕は手の極性について取り上げています。

エネルギーフィールドを精査しようとする際、
二つの身体を向かい合わせると、
相手の情報を得るコトができるのですが、

背中側から相手を知ろうとすると、
うまく行きません。

同じ理由で、向かい合った状態において、
セラピストの左手で相手の右胸部を
アセスメントするとうまく行きますが、

自分の左手で相手の左胸部を調べても、
正しい情報は知り得ないのです。

これは、生命磁場がもたらす、
手の極性のせいで、

右利き、左利きは、
関係ありません。

人体の生命磁場は、
すべての生命と同じ渦状をなしていますが、

腕や掌という部位に着目するなら、

そのエネルギー流は、右手からは放出され、
左手では吸引されていると言い換えるコトができます。

そのため、左右の掌を向かい合わせる「合掌」は、
自身のエネルギーを循環させる
最善の手法だと言うことが解ります。

同様に、互いの右手を出し合う「握手」は、
放出し合う右手同士が向かい合うだけですので、
相手のエネルギーを自分の中に取り込む事はありませんが、

向かい合ったふたりが、互いの両手を繋いだり、
正面から抱擁し合えば、

ふたつのエネルギーは、
新たな大きなひとつの循環を、始めるコトになります。

僕たちは、何気ない行動の中に、
生命場や手の極性を活かした生活しているようです。

前例の「握手」について、
もう少し説明を加えるなら、

この行動を磁石で例えるなら、
二つの磁石が、N極とN極を繋いでいるコトになります。
※もしくは、S極とS極

反発し合うふたつのエネルギーを
握手というカタチで強引に繋ぎ止めていますので、

短時間なら問題ありませんが、
沢山の人と握手してしまうと、
物凄い消耗が起こるコトになってしまいます。

こんなときは、
こちららからは両手を差し出して、
相手の右手を包むべきです。

これによって、磁場の循環が適度に起こり、
あなたは消耗せずに済み、
相手に与える印象も良くなるはずです。

今日から、
宇宙の神秘とも言える、
このフリーエネルギーを、

実感し、そして感謝する生き方を提案します。