陰陽数魂

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

ひかりあめのホームページに、
突然現れたそのバナーに
驚かれた方も多いと思います。

縁あって、周易と数霊盤に出会いました。

それは、日月の神様の、
二つのお言葉がきっかけでした。

正しくないものが正しい方に
従はねばならんと人民申して御座るなれど、

正とか不正とか申す平面的衣を
早う脱いで下されよ。
マコトを衣として下されよ、

マコトを衣にするには
心がマコトとなりなりて、
マコトの肉体とならねばならん、

マコトとは数ぢゃ、言ぢゃ、色ぢゃ、
その配列、順序、法則ぞ。

極め之巻 第十四帖

今の学者には今の学しかわからん、
それでは今度の岩戸開きの役には立たん、
三千世界の岩戸開きであるから、
少しでもフトマニに違ってはならんぞ。

廻りくどいようなれど
とつぎの道から改めなされよ、

出舟の港は夫婦からぢゃと申してあろう、
ミトノマグハヒでなければ
正しき秩序は生れんぞ、

素盞鳴命が、荒ぶる神、悪神ではなく、
人民の罪を背負って下さる救い主の
大神であることが判らねば、
岩戸はひらけんぞ。

新しき世界の宮は土地であるぞ、
住所(すまい)であるぞ、
永遠に在す神は住む土地であるぞ、
下には永遠の腕があるぞ。

極め之巻 第二十帖

フトマニとは、神代文字で書かれた占術歌集で、
モトアケと呼ばれる図をもとに、
真理を読み解く占いです。

その意味を知った僕は、
周易や数霊盤を調べはじめ、

数の持つ力に、魂が震えました。

ポイントは「三」であり、「キ」です。
そして「五」であり、「九」でもあります。

まるで暗号のようなポイントですが、
日月神示を読まれ方なら、
何となく解ると思います。

それらの数を引き出すモノは、
専用の3つのサイコロですが、
これが様々なコトを教えてくれます。

サイコロには216の目があり、
老陽、老陰が27パターンずつ、
そして小陽、小陰が81パターンずつ存在し、

その目の現れる様子から、
無限の情報を得るコトができます。

かつての理数系のスキルが、
ココでも活かされるようです。

通常の易では、
出てきた卦を元に鑑定しますが、

僕の陰陽数魂では、
卦が出るまでの数の流れも追い、

さらに数霊盤も照らし合わせますので、
その深さは計り知れません。

最近、特に沖縄では知名度の上がったマヤ暦鑑定では、
その人の持ち味や魂の方向を教えてくれますが、

僕がご提供したい陰陽数魂では、
実際に動き始めた皆さんが、
具体的に何を、どう選んで、どうすべきかを、

太古の占術と数魂で
読み解くお手伝いをしたいと思いました。

4月からご提供する予定で、
現在仕上げに取り掛かっています。

筮竹を使った易とは、
一味も二味も違う鑑定になります。

50分以上のオリジナルケアコースとして、
対面以外にも、電話やスカイプでご利用頂けます。

即時性が必要な鑑定のため、
メールベースでのご提供はできません。

もう少々、お待ち下さい。