脊椎を労わる…後編

脊椎は、脳脊髄液の満ち引きするルートであり、
その良好な循環が健康体を育みます。

加えて脊椎には、多くの神経が集結しており、
各椎体が本来の位置から少しでもずれると、

神経に触れて痛みを伴ったり、
関連する臓器の機能を低下させたりします。

但し、その問題となるズレは、
0.5ミリ程度の極めて小さなモノですので、
レントゲン写真から見つけられる類ではありません。

また、エドガー・ケイシーの説明では、
第3頸椎、第9胸椎、第4腰椎の3個所に至っては、
魂とボディがコンタクトを取るポイントであるとされ、

人間が三位一体の生命となるための
最重要な部位としても、ケアが必要のようです。

こうした脊椎の機能的な問題を起こすきっかけは、
手術や骨折、事故などが挙げられますが、

最も影響を与えるのは、
日々の姿勢に他なりません。

特に背骨周囲の筋力の弱い女性は、
ちょっとした姿勢の問題が、脊椎を歪めるコトになります。

こういう風に話しが展開すると、
多くの人は「姿勢を正さなきゃ」と思い、
顎をひいて背筋を伸ばした自分の姿を想像します。

そして、例外なく、
ピシッと力の入った、立位や座位を思い浮かべます。

それはまるで、厳格な教師に説教されている
生徒のような姿勢でしょうか。

ですが、そんな力んだり、緊張したりする姿勢が、
長続きするワケもなく、

心地が悪くて続けられないと、
慣れ親しんだ普段の姿勢に戻ってしまうのです。

脊椎に良い、正しい姿勢とは、
確かに背筋が伸びた状態ですが、
満身の力を込めたモノではありません。

それは、重力とうまく付き合い、
バランスの良い楽なポイントを探した、
緊張の解放された状態を言います。

脊椎を伸ばしたその上に、
大きくて重い頭部を乗せる必要がありますが、

脊椎に対して前に、上に、バランスを取って頭部を置き、
首の筋肉の緊張が無い状態にしてあげます。

前に置くというのは、
物理的に身体の前に頭部を持って行くのではなく、
後に引くことを止めるという意味です。

上に置くというのも同様に、
頭部を引き下げるのを止めるという意味です。

首の筋肉が楽な状態になっているかどうか、
後頭部のすぐ下の筋肉を手で触ってみれば解ります。

同じように、胴体が長く、広くなるイメージを、
肩が解放されて、左右に広がったイメージを、
脚が骨盤から解放されたイメージを加えてみます。

背筋を伸ばした状態で、
すべてにおいて、解放したイメージを取りつつ、

重力と折り合いを付けながら、
程良く筋力を使っている状態が「良い姿勢」です。

さらに、歩いているときは、
足の親指が大地を蹴るイメージをします。

実際に、足の親指が大地を蹴る必要はありません。
あくまでもイメージで、十分です。

そうやって歩くコトで、
脊椎全体に対して良い刺激が伝わり、
その刺激は頭蓋骨まで響きます。

これらのワークが身に付いたら、
オステオパシーを使って自律神経の調整をすることで、

バランスの良い状態に復帰したあとも、
問題が再発しなくなります。

本来、身体は元気になろうとする力がありますが、
そのためには、条件を揃えねばなりません。

その条件のひとつが、正しい姿勢なのです。

脊椎を労わる…前編

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

オステオパシーを学ぶと、
脊椎の大切さを知るコトになります。

ひとつの椎体と椎体の間は、
殆ど動作しませんが、

首から腰にかけて、全部で24個の椎体が一斉に動くことで、
※腰椎の数の異なる、23個、25個の人もいます
脊椎は自由な表現を可能にしています。

そして、その内側を
脳脊髄液が脈動しているのですが、

脳から仙骨にまで達するこのうねりは、
約5秒のサイクルで満ち引きを繰り返します。

健康な人は、
この満ち引きのバランスが同じであり、
その結果、自律神経が調和した状態になりますが、

何等かの理由で、
満ち潮のサイクルが優位になったり、

反対に引潮のサイクルが
優位になったりすると、

自律神経に問題が生じ始めることになります。

前者の場合は、交感神経が優位になり易い状態に、
そして後者では、副交感神経が優位になり易くなるのです。

オステオパシーでは、
腰椎、胸椎、頸椎の問題を調整することで、
脳脊髄液のルートを正常化させ

頭蓋骨と仙骨を調整することで、
この満ち引きのバランスを調和させることができます。

エドガー・ケイシーの教えに従って、
ただ、ただ、純粋に、
学びを深めて行く中で、この事実に出会ったときは、

僕は、小躍りして喜びました。

フラワーレメディと一緒に活用できれば、
心身の不調から、いち早く脱することができるからです。

来年の春までに大改訂を予定している、
パーフェクトマスターの最終課程「プリパレイションズ」では、

サトルエナジー・アセスメントと一緒に、
家庭でも簡単にできる、
脳脊髄液の調整法をカリキュラムに入れる予定です。

ホームセラピーの中で、
自律神経を調整できるようになれば、

心療内科や精神科にお世話になる必要は、
限りなくゼロに近付くはずですからね。

わが家の猫のチアさんや、
犬のぶーたんにも、オステオパシーを試します。

特にチアさんは、
敏感に反応して面白いです。

実際、脊椎に沿ってブラッシングをすると、
猫も犬も喜ぶものです。

人間だって、背中をさすられると、
安心しますよね。

脊椎は、脊椎動物すべてにとって、
とても大切な場所であり、ケアの必要な部位なのです。

オステオパシーの伝統的治療家である
ウィリアム・サザーランドは、
脳脊髄液の満ち引きを「一次呼吸」と呼びました。

満ちたり引いたりするリズミカルな様子が、
呼吸運動に似ているからです。

しかも、脳脊髄という、
致命的な重要器官に生じている運動なので、

いわゆる、肺や横隔膜などによる空気交換運動と、
区別するためです。

完全な健康には、この一次呼吸メカニズムの、
損傷の無い自由放埓な運動が必要であり、

言い換えれば、この運動のいかなる拘束も、
何等かの病因となり得るというコトです。

脊椎を労わりましょう。

→明日に続く

筋肉はポンプ

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

2ヵ月前の投稿で、
運動不足のもたらす問題について触れました。

人間は動物ですから、
動くことを前提に設計されていますので、
運動しなければ機能障害が起こります。

解っているけれど、
それでも動けない人のために、

今日は、逆に動かない運動をお勧めしましょう。

時間も掛かりません。
たった3分で終わります。

まず、壁に背を向けて立ち、
両足の踵を付けて、足の先を60度に開きます。

その状態で、踵、お尻、肩、後頭部が、
壁に触れるようにし、
顎を引いて直立して下さい。

背筋の伸びた良い姿勢になっていると思います。

このまま、3分間、
その姿勢を維持するだけです。

手持無沙汰なら、ペットでも抱いていて下さい。

こうすることで、
脊椎を支える筋肉を鍛えられます。

特に、普段から姿勢が悪い人は、
背骨が歪んで機能障害を起こしていますので、

この程度でも、脳脊髄液の循環が良くなるはずです。

また、たったこれだけのことですが、
鍛えられる筋肉は全身に及び、
その結果、血流が良くなります。

筋肉と血管は、複雑に絡み合っていますから、
この程度の刺激でも、
血管のポンプ機能が改善されるためです。

ぜひ、今日から実践して下さい。

Gパンで腰を痛める

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

オステオパシーと付き合うようになって、
店頭でGパンを穿かなくなりました。

施術のために、
色々な姿勢になる必要があるためで、
Gパンは、そうしたニーズに相応しくありません。

トレーニングパンツを新調し、
デスクワークも、その姿のままで過ごしていましたが、

ある日、久しぶりにGパンを穿いて椅子に座った際、
驚くような経験をしました。

腰が悲鳴を上げているのが判ったのです。

Gパンを、何十年間も愛用して来た僕ですが、
生体反応に意識を運んだ生活を数ヶ月しただけで、

その服装の弊害が、
手に取るように判るようになったのです。

それはまるで、純菜食者になった際に、
脂質の旨味に消されて判らなかった
食べ物の微妙な味わいに気付いた時と同じです。

そこで、何がどう良くないのかを考えてみました。

問題は生地の固さと、
穿いている人に馴染む点です。

元来、ジーンズは作業着ですから、
生地が固いのは当然です。

さらに、穿けば穿くほど、その人にフィットする点は、
Gパンの使い心地の特徴とも言えるモノで、

この点こそが、沢山の人々に支持されている
Gパン最大の特徴と言っても、過言ではありません。

ですが、良く考えてみましょう。

固い生地が、その人に馴染むという状態は、
普段の生活における姿勢が、

動き難いジーンズ素材に、
しっかり記憶されるコトを意味するのです。

実際、Gパンを穿いている人の腰椎の捻れを調整しても、
すぐに元に戻ってしまいます。

オシャレを楽しむコトは良い習慣ですが、
どうせなら、良い姿勢を記憶したGパンを愛用したいモノです。

また、どんなに良い姿勢を記憶したGパンであろうと、

デスクワーク主体の方が、Gパンを常用することは、
腰への負担となり、脊椎に問題を起こし、
自律神経にも影響します。

生地の柔らかいパンツの利用をお勧めします。

台風と副交感神経

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

お待たせしました。

今日からやっと、
営業日更新ブログに復帰します。

この2週間程は、
ひかりあめにとっても台風並みに
インパクトのある期間でしたので、

今朝の清清しさは、一入(ひとしお)です。

猛烈な台風16号も、
昨日の午後2時には暴風域から外れました。

予定より4時間も早く収束してくれたので、
今朝するはずだった後片付けも、
夕方までには終えました。

木造家屋は雨漏りに弱いため、
今回も眠れね夜となるはずでしたが、

前回の15号で雨漏りのコツを学んだ僕は、
暴風雨の中、3時間程度の睡眠を
2回も取ることができました。

快挙です。

またこれは、台風とは関係ありませんが、
5年間使ったパソコンが壊れ、
新しいPCを注文するハプニングもありましたが、

予め、次に使いたいマシンを決めていたので、
悩む事もなく、オーダーを終えることができました。

納品されるのは、月末以降のようですので、
自分自身への誕生日プレゼントとなりそうです。

それまでの2週間は、
施術の際に使っているミニノートPCで、
日々の業務をこなさねばなりませんが、

壊れたPCでしかできない会計業務が
しばらく溜まってしまうのは困ったものです。

さて、台風の引き起こす生理現象として、
気圧の低下がもたらす、
副交感神経優位の状態をご存知でしょうか。

台風が訪れると体調を崩す沖縄県民は、
ひかりあめ利用者の中にも沢山いらっしゃいますが、

これは、交感神経、副交感神経を含めた自律神経が
大気圧に連動し易いために起こるものであり、
病気というよりは、自然現象です。

(ジャニーズではありません)が来ると興奮する、
いわゆる交感神経優位な状態になる人もいますので、
もちろん、全部が全部に起こることではありません。

副交感神経が優位になると、
痛みが増し、熱が上がりますので、
体調が悪化したように感じます。

気管支も収縮しますので、
喘息を持つ人にとっては、発作の引き金にもなります。

これらは、実際には悪化ではなく、
過剰に反応してしまっている状態です。

食欲が増す(下痢もし易くなる)、眠くなる、
血圧が下がる、脈拍が減る、
集中できない、なども副交感神経が優位な状態です。

こうした状態になりがちの人は、
実は腰椎を痛めています。

少々、腰椎に問題があっても、
医学的には病気ではありませんので、
病院では何の処置もされません。

何となく不調な状態を訴えても、
原因不明と診断されることは多いモノですが、
このケースも、例外ではないはずです。

脊椎の問題も生活習慣の一部ですので、
当然、自分で治すしかありません。

日頃から姿勢を正すよう、心がけましょう。

ちなみに、9月から正式メニューとなった、
ひかりあめのオリジナルケアでは、

こうした問題も掘り下げ、
ご利用者にケアプランを作成いたします。