意図する

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

北欧のフィンランドが、今年11月をめざし、
世界初のベーシンクインカム導入国家となります。

TheParliamentOfFinland
※出典 http://www.businessnewsline.com/

国民全員に800ユーロが、毎月至急され、
その代わり、他の全ての社会福祉支給が停止となる計画です。

社会福祉制度は、日本においても公平感が無く、
不正な解釈による詐偽も横行していますので、

このシンプルかつ、大胆な政策が、
日本でも実現するよう、皆で意図しましょう。

 そんな楽観的な現実は在り得ないよ!

…という否定的な想いも、
そして逆に…、

 これ以上、隷属した暮らしはイヤだ!

…という、肯定的ではありながら、
怒りを伴う想いも、お在りでしょう。

現実の日本が、理想からかけ離れているため、
そうなった日本が想像できないのですから、

仕方無いコトです。

ですが、こうした、真っ向からの否定や、
怒りを伴う肯定を抱いている以上、

どちらの感情も、この日本に、
ベーシックインカムをもたらすことはありません。

そんな楽観的な現実が在り得ない世界や、

資本主義社会に埋没した隷属した暮らし、
もうコリゴリだと思わざるを得ない辛い世界を、

どんどん作り出してしまうからです。

現実は、意図したとおりになります。

どうせなら、同じ3次元地球に暮すフィンランドの仲間が、
成し得た世界を、喜んで受け容れてみましょうよ。

 いいなぁ、そうなったら、
 好きでもない仕事は辞めて、
 昔から遣りたかった、○○をやろう!

…というような、肯定的で、楽しい妄想をしましょう。

こんな、ハッピーな意図が、臨界人数に達すれば、
宇宙が反応せざるを得なくなり、
日本にもベーシックインカム制度が採り入れられます。

フィンランドが出来たのですから、
僕たちにだって、出来ないはずが無いですよね。

そんな意味でも、目標が明示された分、
僕たちは目指すコトが容易くなりました。

赤ん坊から、お年寄りまで、例外なく全ての国民に、
基本的な暮らしに充分な手当が支給される仕組みを、
意図しないなんて、もったいない話しです。

背景にある物語

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

関心の全く無かった分野の本と出会い、
今朝方、読了しました。

未来の地球ために、読んだと言っても過言ではありません。

異端児&一匹狼の僕ですから、
「チーム」って何さ…って感じでしょ(笑)

序章は、僕的には不要でしたが、
それ以外は、色々と考えさせられ、

特に4章2節にある、個人の背景にある物語が、
その人の観念や関心と大きく関わっている点に、
納得させられると同時に、

なぜ、僕に友達が少ないのか、

そして、そんな僕がなぜ、
親父バンドの仲間と波長が合うのかが、

手に取るように判りました(笑)

僕の過去半世紀の物語が尋常では無かったため、
僕の観念にしろ、関心ごとにしろ、

社会とのギャップが大き過ぎていたから、
友達が少ないのであり、

また、親父バンド仲間については、

僕以外のメンバーは、沖縄生まれ、沖縄育ちで、
生まれた場所も、育った場所も異なりますが、

同世代のため、同じような社会背景を背負っているから、
似たような物語を経験しており、
そのせいで、波長が合うようなのです。

TakeoSaijo

そして、本の全体を通じて、

縦組織が機能しなくなっている昨今を、
「構造構成主義」というアプローチで説明しており、

著者の西條剛央氏は、山羊座の冥王星の波動を、
ガッチリ受けている方なんだと、
痛感させて頂きました。

著者の経歴も、かなり面白く、
そのせいか、本編外のコラムにも、惹き付けられました。

とは言っても、

読みなれていない分野の本でしたので、
はじめは頭に入らず苦労し、

ですが、3割程読み進んだあたりで、
左脳が柔らかくなったのを感じ、

今朝、読み終えた時点では、
未来への希望が、ひとつ増えた喜びに、
満たされている僕がいました。

実は、この本の存在を教えて下さったのは、
天使たちなんですよ…と言ったら、貴方は驚きますか?

祝!卒業

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

気付かれましたか?

今日から、このブログのタイトルを、
変えるコトにしました。

今日、2015年12月6日は、
カバラでは、「運命数8・支配星」の日で、
とても強い力を内在する日です。

破壊と調和、戦争と平和など、
両極端な性質を内在する、取扱い注意の日です。

さらに僕の「運命数9・神秘星」との相性も良い、
この日を待っていました。

先月末まで実施した、自然雑貨販売終了キャンペーンや、
スタンプカードの終了などの背景には、

ひかりあめを「店」から卒業させ、
「治療所」として邁進させるぞぉ!

…という、覚悟の表れがありました。

ホームページ内の表記も、
「店」という文字は削除し、異なる表現に変更しました。

当店、店長、開店、店頭…など、沢山ありました。

ですから、この公式ブログのタイトルも、
今までと同じ…というワケには参りません。

色々と考えた結果、新しいタイトルには、
「調和の素敵な、とある一日」のような意味合いが欲しくて、

そして、そんな日が、
毎日続くと嬉しいなぁ、ずっと続くと幸せだろうなぁ、
そうなって欲しいなぁ…と願いつつ、

例によって、画数も配慮しながら、
この文字の並び A harmonic day に決めました。

総画数24は、創造運を持つネーミングで、
「誰にも真似出来ない、豊かな発想力」を表すそうです。

北中城村に移転した10年前、
屋号の頭に「花療法」が付いて、
少々クリニカルなイメージが加わり、

その頃のホームページでは、
「クリニカルなお店」のような表現をしていましたが、

それは、「クリニック」と言い切りたかった僕と、
世間体を気にした当時のパートナーとの、
葛藤の表れでもありました。

彼女と正式に離婚して一年が経過し、
かつての遺産だった自然雑貨販売からも卒業でき、

治療所として、堂々と前に進める時が、
やっと、やって来たんです。

\(^o^)/

ちなみに、サブタイトルの方は、
こちらでのブログ開設当時から、一貫して同じです。

 世界の波動を引き上げるために、
 僕たちに何ができるか…

重いと言えば、重いサブタイトルですが、

今、大きく成長しようとする、
この地球への覚悟が込められており、

結構気に入っています(笑)

大げさだよ!…と、相当多くの人に言われましたが、
これも計算通りでした(笑)

それにしても、
何から何まで「覚悟」尽くめですね(笑)

明後日からの定休日には、
フロントの模様替えも予定しています。
※以前なら「店頭の模様替え」と言っていたはず…

開所12年目にして、
※以前なら「開店12年目」と言っていたはず…

念願の治療所に生まれ変わった「ひかりあめ」を、
何卒宜しくお願いします。

衝撃の一夜

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日のメールシステムの問題は、
今朝未明に解決いたしました。

思った通り、契約中のサーバーが新システムに移行した際、
循環メールを拒否する設定になっていたようです。

循環メールとは、自分から自分に宛てたモノで、

メールマガジンなどでは、発行者が確認のために、
自分宛てに自分から送るコトは、良くあるコトです。

その問題を見つけて解決し終えたのが、
今朝1時31分でした。

僕の書斎に暖房は無いので、
冷えた身体を温めるため、
熱湯を一杯飲んで床に就きました。

以前もお話ししたコトがありますが、
僕の寝室は、セッションルーム(治療室)です。

午前2時手前、
まさにクリスタルチャージが行われる時間帯でした。

まどろみ掛けていた瞼の裏が、
明るい緑色の光で一杯になりました。

と、同時に、
身体中の細胞が同時に共鳴するような、
心地良いエネルギーを感じました。

10分間くらい、その快適な状態を楽しんでいたら、
急に猥雑な波動を感じ、化け物たちのビジョンが浮かび、

慌てて目を開いた直後、
胸を締め付けられる、強い痛みが始まったのです。

去る2日の夕方にも、大阪梅田のホテル内で、
胃の上部をやられる攻撃を受けたばかりで、

その時は、ホテルを後にするコトで、
身体は楽になったのですが、

今回は、まさかの、自宅寝室への攻撃です。

冷や汗を掻きながら、
近くにあった充電式の血圧計で血圧を測ると、

何と、最高血圧が190まで跳ね上がっていました。
普段は110前後ですので、胸が痛むのも当たり前です。

念のため、レスキューレメディを飲み、
血圧計を付けたまま横になって、

腹式の深呼吸を意識して行いながら、
痛みが引くのを待ちました。

ですが、痛みは引くどころか、益々激しくなり、
目を瞑ると、猥雑な波動が強くなる気がしました。

うっすらと目を開けながら、ピークが去るのを待てたのは、

あの、心地良い緑に輝く波動を、
この攻撃の事前に感じていたからです。

きっとあの10分間は、
守護者によるシールドだったんだと、僕は確信していました。

痛みのある状態は続きましたが、
血圧は少しずつ下がり、

3時間後には140まで下がり、
胸の痛みは余韻だけになっていました。

血圧計の電池は底を着きましたが、
僕自身が動けるようになったので、
ACアダプターを探して装着し、朝を待ちました。

こんな状態でしたので、今朝の遠隔治療はお休みし、
猫たちの世話をする午前5時には、
血圧は130で安定していました。

猫たちの世話を終えて、いつもなら掃除を始めるところですが、
ハーブティーを一杯飲んで、もう一度床に横になりました。

その時の血圧は、127でした。

午前7時まで仮眠し、
今度は通いの猫たちに食事を与える時間です。

玄関を出ると、いつもの面々が待っており、
うれしくてゴロゴロ言う彼らに、食事と綺麗な水を与えました。

お前たちのためにも、死ねないよね…と、
あまり口にしたコトの無いセリフが飛び出すくらい、

衝撃的な一夜でした。

このブログを書いている今の血圧は、
上が123、下が77ですので、もう大丈夫です。

数も良いです(笑)

8-doctors

以前、米国在住のベジタリアン友達から、

 最近、原因不明の死を遂げる代替医療家が続出しているから、
 ゆうすけさんも気を付けて下さい!

…という内容のメッセージを、
Facebook経由で頂戴したコトを思い出し、

少しヒヤリとした次第です。

…と同時に、確実に守られているコトを痛感し、
創造主に感謝せずには、いられませんでした。

猫たちのためにも、死ねないけれど、
僕は自分のためにも、死にません。

マイナンバーを拒否する

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今朝配信しましたメルマガと同じ内容を、
ブログ読者の皆様にシェアいたします。

一昨日となる水曜の夕方、
わが家にもマイナンバー申請申込書が届きました。

僕の留守中に、娘が受け取ったのですが、
同じ境遇の方も多いコトでしょう。

公務員や会社員の一部の方は、半ば強制的に、
マイナンバー制度を受け容れるコトになると思いますが、

異端児の僕には、
こんな、あやふやで危険な匂いのするモノを、

受理できるワケがありません。

簡易書留を使うところ自体、
政府側の思惑を感じざるを得ませんよね。

家族であれば、本人以外の代理署名も可能ですので、
うっかり配達を認めてしまった場合でも、

開封さえしなければ、受理を拒否するコトとが出来るようです。

受理拒否

「受取拒否」と書いた付箋に、
署名、もしくは捺印をして、配達された封筒に貼り付け、

これを、郵便局の窓口に持ち込むか、
ポストに再投函すれば、拒否手続きは完了です。

色々な意味で、この制度は問題扱いされており、

その是非について、このブログで、
どうのこうの言うつもりはありませんが、

シンプルな見解として、

僕たちには、両親から頂戴した輝かしい名前があって、
番号で呼ばれる筋合いはありませんし、

過去にも、その必要は無かったのです。

これだけ科学が発達し、
あらゆる局面で、効率も最大化しているのに、

なぜ、今になって、
人間を番号で扱わねばならなくなったのでしょう。

そこに、この制度の大きな矛盾や、
直感的に受取拒否したくなる理由があるのでしょうね。

ちなみに、ブログ読者の貴方に、
受理の拒否をお勧めしているワケではありません。

貴方の自由な意志で、今後のコトをお考え下さい。

注射嫌い!

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨晩は猫の介護で寝不足でしたが、
深夜、友人のFacebook投稿に興奮し、

彼女の紹介したリンク記事に、
しばし見入ってしまいました。

エリザベス・ホルムズ

こちらの女性は、エリザベス・ホルムズ氏31歳です。

若くして、資産5500億を有する成功者となった彼女は、
僕と同じ注射嫌いでした(笑)

半世紀前、

僕の幼少時代のアレルゲン検査は、山のような注射を、
子どもの腕に刺しまくる、とても原始的な代物でした。

ステンレストレーの上に、
大盛りになった注射針を見て、
失神した子供も、少なくありません。
※僕も含めて

僕は、その時のトラウマで、
今でも採血が出来ません(笑)

この女性も、僕と同じく注射が大嫌いだったのですが、
そのエネルギーを、成功への階段を上る力に費やしたところが、
何とも凄いと関心するばかりです。

キッカケは同じでも、結果はこんなに違うのです!(笑)

彼女が、大富豪になった事実や、その経緯については、
僕の友人の紹介したリンクに、詳しく書かれていますので、
興味のある方は、そちらをご覧下さい。

そのコトも、相当に凄いのですが、
僕が彼女をイチオシする理由は他にあって、

彼女の開発した血液検査システムが、
将来の代替療法家たちの、
福音になると確信しているからです。

僕たち代替療法家は、医療行為では無いという理由から、
血液検査を、自らの手で行うコトができません。

色々な患者さんと向き合うにあたって、
彼らの口頭からは説明できない、

詳細かつ精密な身体情報を、
血液は提供してくれます。

ですから、彼女の作った、
僅か300円の無痛血液検査が世界中に広まれば、

代替療法の治療精度が、
格段に向上するはずなのです。

沖縄に上陸するのが、待ち遠しいです。
\(^o^)/

現在はアメリカでも、ドラッグストア限定のようですが、
誰でも簡単に出来る未来への扉を、

エリザベスのその腕が、開け放ってくれるコトでしょう。

僕にしては、珍しく他力本願ですが、
この件については、彼女を信頼し切っているのでしょうね。

発展と進化

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

久しぶりに、堅いお話しです。

世界は発展し、進化し続けていると、
そう思っている人は、多いでしょう。

「そう思っている」というのが、ポイントで、

例えば貴方自身は、世界の発展や進化に、
実際に参加していますか?

彼らはおそらく、
テクノロジィ系の進歩を横目で見ながら、

そうしたモノが世界を発展させ、
進化させている…と勘違いしているのであって、

一番大切な、人間としての発展や進化には、
地球の民としての発展や進化には、
目が向いていません。

そういった類のモノは、
長い歳月をかけて、少しずつ成長するのだと、
思い込んでいるはずです。

しかし、少しずつであろうと、成長するためには、
例え、ほんの微細であっても、何らかの成長要因が無ければ、

成長するコトは、絶対にあり得ませんよね。

これまでの人類の発展や進化は、
自身の役割や使命以上のコトを果たす人がいたから、
成長を遂げて来たのです。

それなのに、現代の人々は、
そうした生き方に興味がありません。

特に若い人々、

このブログの読者と言うより、
当ブログ読者のご子息の世代は、

与えられたコトしかしない世代と、言われています。

しかし実際には、こうした問題は、
子供たちに限ったコトではなく、

立派な大人でも、与えられたコト未満の範囲で社会と関わり、
本来大切なはずの毎日を、
淡々と送るだけで過ごす面々も、少なくないのです。

必要以上の努力は無駄…だとか、
出る杭は打たれる…だとか、

自分の能力や才能を、
限界まで試そうとする人が、なかなか現れない背景には、

世の中に退廃思想を広め、
日本の軍国化を推進させたい闇の勢力による、

熱心な雰囲気作りが存在するのが原因です。

彼らは人々の持つ聖なる力を、
封印させる雰囲気作りが本当に上手く、

その多くは、ドラマであったり、
偽物のドキュメンタリーだったり、
偽物の報道番組だったりするのです。

この手の映像番組で、毎日洗脳を繰り返し、

必要以上の努力をせず、
目立とうとしない人々、

そして消費に熱心な人々を作るコトに成功しています。

ですが、もう、気付く時です。

世界は、マスコミ断食を、
徹底すべき段階に来ています。

貴方の感情回路を、
マスコミから解放してあげて下さい。

日本の軍国化に反対なら、
議事堂前で抗議デモをすべきではありません。

抵抗すればする程、彼らは力を得てしまうからです。
最良の抵抗(?)は、彼らを無視して今を楽しむコトです。

そして、一人一人が、
今いる場所に納まり切れない、
自分史上最高の人間になりましょう。

最大限に努力を楽しみ、誰よりも目立って下さい。

生命は、その限界を越えた時、
進化するモノなのですから。

嬉しい、哀しい…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

あのバシャールは、今年、2015年中に、
自身の波動を、上げられるだけ、上げておきなさいと忠告しています。

そんな今年も、残り2ヵ月となりました。

 2015年~2016年の2年間で、
 大きな波動のシフトが起き始める。
 列車は駅を離れ、それぞれが目的地に向かって走り出した。

 つまり、この2年間は、
 本当に、本当に、本当に、本当の意味で、
 素の貴方になる事が、重要な時期になる。

 2015年は、貴方の波動内で、
 一番際立つ波動が、更に浮き彫りになる。

 だから、素の貴方でいるのか、
 それとも、かけ離れてしまっているか、
 今まで以上に、スピーディに発見出来る年となる。
 そうする事で、貴方の状態を素早く察知し、
 前へ進んで行く事が、素早く出来るようになる。

 2015年の分岐点から始まって、
 私達の世界は、どんどん分離し、
 各々の世界を、それぞれの形で形成して行く。

 2015年は、より異なったエネルギーの統合が見られる反面、
 更なる毒素が、放出されるようになる。

 2015年の分岐点を境に、
 平行世界の地球が分離して行く。

 貴方が乗った列車から、他の列車へ駆け込む事は可能だが、
 待てば待つ程、乗り換えは大変なストレスとなる。

いかがでしょう。
貴方の準備の具合は、順調でしょうか。

僕の場合、

怒涛の木星期の中程で、純菜食と減食に目覚め、

木星期の終盤でグルテンフリーを決意し、
動物のための遠隔治療奉仕も始め、

土星期に突入してからも、
可能な限り生活スタイルを見直して、
自身の波動を上げて来ました。

すると、自分が子供っぽくなっているコトに気付いたのです。

つい先日のコトですが、古くからの知り合いと、
インターネット上での連絡が途絶えました。

元来、人との付き合いが下手なタイプでしたので、
こうしたコトに対する感情移入など、
かつては在り得なかったのですが、

就寝しようと布団に入ると、
哀しい気持ちが込み上げて来て眠れないのです。

結局、その日は殆ど眠れず、
明け方に1時間程度眠っただけでした。

そして、昨日は昨日で、その人と連絡が取れると、
今度は嬉しい気持ちで満たされました。

すると、その感情に反応するように、
嬉しいコトが幾つも起こって、

やはり、眠ろうと床に入ったのですが、
今度は嬉しい気持ちが込み上げて来て眠れません。

結局今朝も、明け方に1時間程度眠っただけです。

そうなんです。

まるで、遠足前日の、小学生のような状態です。
心身が子供帰りしているのです。

大人なんだから、男なんだから、泣いてはダメ!みたいな回路が、
完全に消失してしまっています(笑)

アセンションて、こう言うコトなんですね。

自然に沿って、自然に生きていれば、
次元上昇するしかないのでしょう。

だって、僕たちの暮らす大地(地球)自身が、
壮大な次元上昇中なんですから。

一人でも多くの人に、気付きがありますように。

土星期初日の計らい

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

早朝より、沢山のバースデーメッセージを頂戴しています。

こんなに多くの、愛溢れるお言葉を頂いたのは、
人生初かもしれません。

頂戴したメッセージに返信させて頂いていたら、
今日の投稿が、この時間になってしまいました。

嬉しい誤算です。
本当に有難うございます。

多くの意識が、ポジティブな未来を目指し、
成長しつつある地球と共にあるコトを、
強く実感いたしました。

土星
※出典 Wikipedia

僕は昨日、怒涛と波乱の木星期をやっと終え、

輝くべき人生の終盤の幕を開ける、
土星期に、今朝突入しました。

乗り越えた試練の上に立って、
人生の仕上げに掛かる15年間の始まりです。

公私共に、幾多の難題と向き合ってきましたので、

さぞかし充実した土星期になるコトだろうと、
楽しみにしております(笑)

僕の出生の土星は、
10ハウスの起点に重なっており、

これだけでも、
一筋縄では行かない人生模様を示しているのですが、

これに加えて、出生を示すアセンダントとこれらが、
スクエアという緊張関係にあるため、

自分の遣りたいコトと、
社会から望まれる自分にズレがあって、

どちらかを立てると、一方が、
もしくは双方が立たなくなってしまう、
ややこしい社会的立場を表しています。

これを解決するためには、
他の天体の助けが必要になるのですが、

僕の出生の天体の殆どは、
6ハウスと7ハウスに大集結していますので、

8ハウスに射手座の木星がありますので、
自身と向き合うコトは人一倍大切なのですが、

そうした成長だけでは上手く行かず、
他者と関わり、他者を助け、他者に助けられて、

一つの新たな、そして大きなエネルギーを、
創り出すべきであるコトが、
ホロスコープにしっかりと示されています。

毎日、ブログを更新しているのも、
こうしたメッセージを反映したモノで、

必要な時に、必要な繋がりが、
シンプルに生まれればイイなと、願って止みません。

そんな土星期初日となった、今朝の日の出時刻、
例によって、大好きなウォーキングに出掛けました。

去年の10月、北中城村役場前の県道81号線を、
東に向かって歩いている時、

過去50000年間の記憶が蘇る事件があったのですが、

もうすぐ、あれから一年経つのだなあと、
感慨にふけながら、今朝も同じ場所を歩いていると、

一年前と同じ様に、進行方向正面に、
晴れた東の空を太陽が昇り始め、

僕の土星期初日の朝を、
祝うかのような優しい光を感じました。

立ち止まって、暫く太陽を見つめていると、
背中に何かを感じたのです。

背中、つまり、180度後方です。

振り返ってみると、

一昨日、スーパームーンを迎えたばかりの月が、
明るくなりかけた西の空で、微笑んでいるではないですか。

進行方向には太陽、つまりアマテラスの意識、
背後には月、つまりツキヨミの意識、
そしてココに、スサノヲの意識が、

その瞬間、揃ったのです。

まるで、オリオンの三つ星のように、
綺麗な一列となったのです。

僕は、去年の10月の事件以来、
神様がお持ちの、二つの大きな特徴を理解しました。

ひとつは、こうして、
粋な計らいがお好きだと言うこと、

そして、もうひとつは、
駆け引きはされないと言うこと…です。

神様、素敵な朝のひとときを、有難うございました。

最高の15年間にいたします。

チャンス到来!

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

明日、9月28日は、タダゴトではありません。
しっかり準備して迎えないと、後悔しますよ(笑)

ご存じの通り、中秋の名月であるコトを皮切りに、
満月大安は、太陰暦としては当然なのですが、

皆既月食スーパームーンまで重なっているコトを、
多くのサイトで紹介しています。

また、オータムジャンボ宝くじが、発売開始となるのも、
このタイミングのお決まりですが、

皆さんの気付かれていない、
まだまだ凄い偶然があります。

それは、その日が月曜日と言う、
月の曜日にピタリと重なっており、

さらに、28日の「28」と言う数魂自身が、
「月」を意味して
おり、

そして、9月の「9」は、
ミロクへの橋渡しを意味する
数魂であり、

さらに、さらに、
2015年9月28日をカバラで読むと、

「9」の神秘星の日ですから、
一つの完成を意味すると同時に、
新しい何かの始まる日を意味しています。

地球上の三次元生命すべてに、
多大なる影響を与える月が、

最も地球に近付くため、
いつもより明るく、そして大きく見えるこの日に、

こんなに沢山の「時空の重なり」を、
大宇宙が演出してくれる日が、明日です。

僕たち一人一人の中にある「善なる自身」が、
大調和の世界であるミロク世への橋渡しとなるために、

いったい、何が出来るでしょう。

明日に限っては、満月に向かって財布を広げ、
喜んでいる場合ではありません。

この完璧な瞬間に、何をすべきか、
しっかり内観して、答えを探しましょう。

その実現に向けて、動くべき時が、
今まさに、到来しようとしているのです。

貴方は、何を決め、何をしますか?

僕は、その日の明けた翌日の29日に、
10年間続いた木星期が終わります。

ワクワクが止まりません。